ヘルニア 整体 札幌

札幌の無痛整体
肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。

 

整形外科で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、手術を勧められていた女性が何とか他に手立ては無いかと肩こり・腰痛回復センターに来院されました。

 

ヘルニアの痛み

 

以前から腰痛を感じていたという30代のこの女性は、次第にお尻や太ももの裏、ふくらはぎにハリを感じるようになりやがて強い痛みとしびれに襲われるようになったそうです。

 

「今は手術も短時間で安全だから」とお医者さんに言われたそうですが、なかなか勇気がわかず、他に方法があるのであればなるべくカラダを傷つけない方法で改善したいと、インターネットで色々探し回ったそうです。

 

当院に来られたのは、『患者様の声』を読んでみた時に他の治療院とは違うものを感じて決めたのだそうです。

 

当院の整体施術の大きな特徴は、なるべくカラダに負担にならないような短い時間での施術痛みのないソフトな施術です。

 

いまだに「筋肉を揉んで、関節をバキボキしないと治るはずがない」と思い込んでいる方々は多いようですが、筋肉を強く揉んで筋繊維を壊して、あたかも筋肉がゆるんだような感覚を持っているに過ぎません。

 

筋肉をゆるめるのであればそんなに刺激は必要ではなく、短時間でゆるみ、可動域(動かせる範囲)は一気に変わるのです。ただし、技術的に高度なために、それを施せる施術家が少ないのは否めない事実です。

 

さてヘルニアに関してですが、多くの場合、腰椎が椎間板を圧迫してしまって椎間板から髄核が飛び出しそれが神経を圧迫して痛みやしびれを出しているというのが定説ではあります。

 

ヘルニア

 

また椎間板も一度つぶれたらもとには戻らないというのもお医者さんの見解としてよく聞きます。

 

当院では、椎間板が変形してつぶされたようになっている場合、筋肉のバランスが崩れてしまって椎間板にいびつな負担がかかってしまってつぶれた形状になっていると考えます。

 

なので当然カラダのバランスが整って正しい状態に戻ることが出来れば、筋肉の異常による椎間板へのいびつな負担は解消されていき、まだ柔らかさを保っている椎間板はまたもとの状態に戻ることは可能なのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたのにまだ同じ症状で苦しんでいる方が当院に来られ、やがて症状から解放されていく姿を拝見していると、

 

手術で「出ているモノを切っても、また同じ生活習慣・姿勢が続き同じ部位にいびつな負担がかかりまたモノが出てくる」と考えるのが自然ですし、

 

カラダのバランスを整えていくことで改善していっている方々も多いのを見るにつけ、手術の前に一度当院の整体施術でカラダのバランスを整えてみて、変化を体感してほしいと切に思います。

 

カラダに一度メスが入ると、違った部位などにも今までになかった負担がかかるといったバランスの崩れが生まれることは多いです。

 

手術後「確かに症状は楽になったけど、なんとなく腰が突っ張っている感じが消えない」とか、「怖くて腰を曲げられない」という声もお聞きします。

 

痛みやしびれから解放されるのなら「さっさと手術して下さい」というお気持ちは良くわかりますが、人のカラダは機械のようには行かないことの方が多く、痛みやしびれにも理由があって起こっています。

 

ヘルニアで、お尻や太ももの裏、ふくらはぎに強い痛みやしびれがある方は、まずはカラダを整えてみて症状の変化を感じてみて下さい。

 

東洋医学の考え方は根本から改善を目指すもので、スピードは遅く感じるかもしれませんが着実に変化させて改善へと導くものです。

 

患者さんの声

 



札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
不定休
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分