脚を上げようとすると股関節に痛みが走る 札幌 無痛整体

札幌の無痛整体 「肩こり・腰痛回復センター」院長の荒井です。

 

3日ほど前に前のめりで転んでしまって手や顔にすり傷を負った男性が、インターネットで口コミで評判の札幌の整体院を検索し当院に来院されました。

転んだ当日はカラダに痛みは感じなかったらしいのですが、翌日から左脚を上げようとすると股関節の付け根や鼠径部(そけいぶ)に痛みが走るようになったとの事です。

歩く際にも少し痛むらしく、左脚を引きずるような動作も見受けられました。

 

このように転んだりして急に激しい負担にさらされた部位(今回は左脚の付け根)は、筋肉が硬直してしまっていることが多いです。

自動車事故でのむち打ちやスノーボードでの転倒なども同様です。

 

激しい負担に対して、瞬間的に筋肉を硬くして自分を守ろうとする機能(ホメオスタシス)によるものです。

 

うつ伏せで股関節周辺の状態を探ろうと、少しでも動かすと左脚の筋肉はぴくぴくと反応します。痛みはないのですが、筋肉が素早く反応する興奮状態であるようでした。

足首から少しづつ回転の刺激を入れ、異常な興奮の筋肉を静めていきます。やがておちつき膝を曲げていく動作でも問題なく正常に動くようになりました。

次は仰向けになっていただき、股関節の検査をすると、左脚の太ももを胸に近づける動作や脚を伸ばしていてどこから膝を立てる動作で鼠径部に強い痛みが出ました。

左脚の膝を立てて開脚する動作での痛みは全くなく、上記動作時のみ症状が激しく現れます。

 

こういった状況から、左脚の股関節部分の筋肉の拘縮と判断し、股関節周辺の筋肉をまずは無痛の整体施術でゆらりゆらりと緩めていきました。

動かしているうちに関節にかなり可動性が出てきたので、次に股関節の関節の縮みを矯正しながらゆっくりと先ほど痛みが出た動作を行いました。

膝を深く曲げてもさほど痛みは出ないようで、今度は両脚を伸ばした足首を優しくつかみ抵抗がかかった状態で両膝を曲げる屈伸運動をゆっくり行って頂きました。

このことによって、左膝を曲げる動作での痛みはかなり軽減しました。 最後は立っていただき、手を振って大きく足踏みをしてもらったところまだ痛みが出てくるとのことで、左足首の捻じれ・関節のずれの矯正を整体施術したところ左膝を曲げる動作での痛みはかなり消失しました。

 

脳の防衛機能でまたすぐに元に戻ってしまわないよう、翌日もご来院頂き、縮んで硬くなった筋肉を無痛の整体施術によって調整し関節の動きを正常化させていきました。

4回ほどの来院で、全く痛み無いもとの状態まで回復。

今は大好きな社交ダンスを楽しんでおられます♪ 急な負担がかかるケースでは、後日痛みだすことも多いです。なるべく早めに対処してあげて下さいね。

 

top3



札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
不定休
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分