Archive for 2018

肩と首が痛い 札幌20代女性

 20代の札幌の板前さん修業中の女性が両肩、顎、頭痛、首の痛みを訴えられて来院されました。また、眠りにつくまでに1時間程度かかるとのことで不安を抱えていらっしゃいました。これまでも、カイロプラクティックなどで定期的に施術を受けられていたとのことでしたが、根本的な解決までには至らず、肩や首の痛みに悩まされてきたとのことでした。今回は年末に向けて、仕事の繁忙期に伴い、特に痛みが強く出ているとのこと。 ◆検査最初に、当院独自のテストで自律神経の乱れを確認したところ、強くストレスを受けている事がわかりました。続いて、カラダの状態を見てみると、肩の高さ、骨盤の位置共に左右差が大きく、背骨も大きく曲がっている状態です。◆施術下向きで長時間の切りもの作業をしているので、首の右側と右肩の筋肉が特に固まっていました。痛みが出ないよううつ伏せになり背骨を揺らしていくと、筋肉を一切ゴリゴリと揉まずに、背中から首の筋肉が和らぎます。筋肉が緩むと同時に、固い筋肉によって押し曲げられていた背骨も正しい形に戻って行きます。もちろん、一度で完全には戻りませんが、徐々にカラダが正しい楽な状態を思い出… 続きを見る

腰痛が酷く体が歪んで上手く歩けない

札幌の30代のOLさんが急な腰の痛みで、骨盤がズレてしまっている感じで真っ直ぐに立てなく、上手く歩けない状態とのことで来院されました。 10年くらい前に腰椎ヘルニアを発症し、その時は病院で牽引され腰痛が悪化、接骨院に行ってやっと改善したとの事。今回は札幌に転勤してきて約1年、これまで腰痛をだましだまし生活してきたがちょっと辛かったのでストレッチをしたところ翌日から激痛。●立ち上がる動作や、ちょっとした動き始めで「うっ!」となる激痛が走る。●鏡でカラダを見ると痛みのあまりカラダが大きく歪んでしまっている。●真っ直ぐに立てなく、そのせいで上手く歩けない。 とのこと。 ぎっくり腰のような感じでのご来院でしたが、今まで何回も激しい腰痛を起こしてきているとのことだったので、「お腹に何か異常はありませんか?」とお聞きしたところかなり大きい子宮筋腫があり、近々手術の予定とのこと。  腰痛は上記の「大腰筋」がうまく伸び縮み出来ない状態の時に起こることが多いです。この大腰筋がうまく伸びない時にちょっとした動作で筋繊維に断裂が起こってしまうと、いわゆるぎっ… 続きを見る

起立性調節障害 札幌10代女性

 札幌市の10代の女の子で、起立性調節障害と病院で診断を受け通院していたものの、なかなか改善されないとのことで来院されました。起床時に、頭痛がひどく起き上がれない、血圧が低くて、ふらふらして倒れてしまう、体が冷える、情緒不安定などの症状を訴えていました。◆問診・検査起立性調節障害は、思春期で最も起こりやすい疾患の一つであり、最近特に問題視されている障害です。自律神経の調節力が弱いために、血圧の調節がうまくいかず、脳や心臓への血液が不足し、血圧が低下したり、朝起きれないなど、様々な不調を引き起こします。最初に、当院独自の自律神経の状態を確認するテストを行いました。その結果、自律神経が大きく乱れている事がわかりました。 ◆施術うつ伏せで、神経群が通る背骨に心地良い揺らぎを与える整体施術を行いながら、自律神経の乱れを整えていくことを最優先に行いました。次に、交感神経と副交感神経のスイッチングがスムーズにいくように、脳やお腹にアプローチをしていきます。頭蓋骨は横に広がったり、縦に伸びたりと、肺とは別に呼吸をしています。右脳や左脳の使い方のバランスが崩れているとその動きもいび… 続きを見る

腰痛でお尻の下に痛み 札幌70代女性

 札幌の70代の女性が、座っていると両方のお尻のあたりに痛みが出るようになり整形外科を受診。MRIで腰椎の曲がりと詰まりがあり今の症状が続いているとのこと。手術までは勧められず、当面は薬で様子を見ましょうとなったものの、毎日朝起きてすぐに座ると両方のお尻に激しい痛みに我慢できずに、少しでも緩和させたいとの想いで当院に来られました。夏に草むしりをして以降、お尻や腰に痛みが出る。特に右側に痛みが強くでるとのこと。 ◆問診・検査起床時に特に強く痛みを感じるとのことでしたので、寝ている姿勢、布団の固さなどを確認させて頂きましたが、特に問題となるような点はみつかりませんでしたので、動作によって痛みの度合いに変化が出るかを確認致しました。座った状態でお辞儀をして貰ったり、立つ動作をして貰いましたが、特に大きな痛みが出る様子は見られませんでした。今度はベッドにうつ伏せになって貰い、右足を曲げていくと右のお尻から太ももの裏にかけて激しい痛みが出ました。股関節の動きに違和感があったので股関節の負担を減らしてみると、激しい痛みが痛みが消えました。 ◆施術股関節の状態によって激… 続きを見る

腰痛、寝違えは師走に激増

12月に入り、札幌もいよいよ雪が降り始めていますね。今日から“忘年会”という方もいらっしゃるようで…。このシーズン気をつけたいのが、『ぎっくり腰』 『寝違え』 です。 疲れを抱えながら忙しさが増す12月、しかも急に天候が激変するのに対し、カラダがまだ寒さに慣れていないのでこういった症状が多発します。 何もしていないのに急に激痛で!!でもよくよく話を伺うと、やっぱり予兆はあった!ということが大半。 デスクワークで腰や首が疲れているところに、忘年会で同じ姿勢で何時間も…帰ってついついソファーで横になってしまって…会社の大掃除・家の大掃除のあとに突然…雪かきのあとに突然… この季節ならではの症状ですが、やはり日頃からの疲れがきちんと取れていないとこういった激痛に悲鳴をあげてしまいます。 そして…この体験をした方は必ず、「もう二度とこんな経験をしたくない!これからは定期的にカラダのメンテナンスに来ます!!」と仰います。 本当です。 くれぐれも、ご自身のカラダを過信なさらないで…年末のあわただしいタイミングに、痛みで悲鳴をあげ… 続きを見る

肩こり、腰痛…カラダの不調の根本原因を探る!

 不定期に開催しているカラダと心に関する“体感”講演会。 今回は札幌の、巷で噂のセラピストのCHIKAKOさんとのコラボレーション♪僕のほうからは、潜在意識(西洋医学では自律神経)に関して、 潜在意識ってどんなもの?潜在意識ってどんな力を持ってるの?潜在意識と言葉の関係は?潜在意識と不調の関係は? などなどを座学+体感で知っていただきました。  心身一如心とカラダは切り離せない関係です。 自分の心の中でつぶやいている言葉、それを潜在意識は受け止めて一生懸命それを実現させようと働きます。 例えば、「どこに行っても良くならない」けど治したい…と言っていると、これを潜在意識は「どこに行っても良くならない」けど治したい…状況を望んでいるんだ!と受け取り、それを実現させます。 結果、いつまでたっても改善しない。 改善を望むのであれば、潜在意識の活用法を知ることが大切です。  さらに、潜在意識を体感すると…「頑張る・目指す・努力する」は封印!しなくちゃ、ということがはっきりと解り… 続きを見る

側弯症 背中や腰に痛みの出る札幌の60代女性

 背中の痛みを訴え、札幌で居酒屋を営んでいる60代の女性が来院。痛み始めたのはここ2~3ヶ月前からで、その他にめまい、耳鳴り、首肩こり、腰痛を感じる事もあるとのこと。 ■問診お話をよくお聞きしていると、昔、お医者さんに側弯症と言われた記憶があるそうで、背骨の状態を確認するとかなり背骨の捻れが起きており、左上部の背中にふくらみ(膨隆)が見られる状態でした。また背中が痛む前には腰に痛みも出ていたそうですが、少し落ち着いたので気にはしていなかったとのこと。■検査右肩と右腰が上に上がっており、背骨がS字に大きく捻じれています。その捻じれの負担で首と背中全体の筋肉が固まっている状態でした。側弯症の場合、そういった背骨の捻じれからどうしても首や腰に負担がかかりやすいです。■施術硬くなって血流が圧迫されているカラダ全体の筋肉を緩ませ、筋肉の捻じれを徐々に戻すことによって、歪みが矯正されていき、痛みも軽減されて行きます。うつ伏せで背骨に心地よい揺らぎを与えていくことで、首の筋肉のコリは解消されていきました。実は、筋肉は揉まなくてもコリは解消されるという事を実感されたようです。次に、… 続きを見る

腰痛 内臓や婦人科疾患からくる腰の痛み

カラダの中には内臓が包み込まれています。慢性的な腰痛はこの内臓の問題が原因となっている場合も多いのです。特に女性は、生理の時などお腹の中の内圧が高くなることで、お腹の奥の大腰筋が圧迫されるので腰に重だるいような鈍痛を感じます。 また子宮筋腫などが大きくなってくると、同様にお腹の奥の大腰筋が圧迫されるので腰に重だるいような鈍痛を感じます。 便秘で腸がいっぱいに詰まっている場合も同様です。 こういったケースでは、整体施術で硬くなってしまっている骨盤をゆるめてあげることで、大腰筋に対する負担を軽減させて腰の痛みを改善させていったり、 整体施術によって腸の状態を柔らかくして便通を良くしたり、子宮筋腫を柔らかくすることで腰の痛みを軽減させていきます。  また、胃や十二指腸の潰瘍、肝臓、腎臓、膀胱などの不調も腰痛の原因となります。 こういった場合は腰よりも少し上の、胃の裏あたりに痛みが出たり、空腹の時や脂っこいものを食べた後で痛みが出ることが多いようです。 腰痛とともに、全身が重い、カラダがだるいといった症状も併せて感… 続きを見る

整体・整心 新しい年を明るい未来にするために

【講演会のご案内】 テーマ「潜在意識を使って明るい未来を迎えよう」~2019年を明るい年にするために~ 11月24日(土)18時半~20時半札幌市中央区民センター2階  会議室A参加費はお1人様500円  潜在意識のパワーは90%もあるのに比べ、顕在意識のパワーはわずか10%程と言われています。 その潜在意識はいったい何を感じ、何をあなたに伝えたがっているのでしょうか?  潜在意識のパワーを知り、使うことができたら… どう思いますか? 潜在意識を顕在化して知り、認めることで、あなたの未来は明るい未来に繋がります。  毎回多くの方にご参加頂いております、潜在意識に関しての今年3回目の講演です。僕からの講演内容は、潜在意識を体感しよう~実験で潜在意識のパワーを感じてみよう~ ・潜在意識って何?カラダとの関係は? ・思考、思いは人にも物にも伝わる実験 ・DNAに埋め込まれたシステムの実験 ・言葉が“心の平和を乱す”実験 ・ポジティブシンキング、プラス思考の効果は?の実験 ・エネルギー… 続きを見る

膝を曲げようとすると膝裏に痛み 札幌無痛整体

札幌市の中央区にある、当、肩こり・腰痛回復センターに遠路はるばる車で3時間かけて60代の女性が来院されました。来院理由は「最終的にこの整体院に来て良くなった人のコメントを見て」とのことでした。 この女性の症状は、歩くときに膝を曲げたり、階段を降りるときに膝を曲げると「膝裏が痛い」と。  日常生活ではお孫さんを抱っこしたり、週に5回ほど30分くらいバドミントンをしている状況。 まずは問診後にうつ伏せになって頂き、太ももの裏や膝裏を検査すると筋肉はかなり硬直していました。また痛みは太もも裏・ひざ裏ともに外側に痛みが走るようでした。 「かなり筋肉が疲労を溜め込んでいるようですね」 そうお声をかけたところ、 「あ~やっぱりそうでしたか。実は痛いから筋肉が足りないのかと思って、スクワットをしたり長距離を歩いたりしていたんです」 と、驚きの情報が飛び出しました(笑)。 これはこの女性の他にもよくある例なのですが、良かれと思って筋肉を鍛える動作をしてしまっていることがとても多いのです。  痛… 続きを見る

腰痛対策 仰向けで膝を左右に動かすと痛い

腰痛といっても原因は実に様々で、同じ部分の痛みでも人によって原因は全く異なります。  ◆硬い椅子に座っていることが原因だったり、◆座っている時間が短くても運動不足で筋肉がすぐ固まりやすい状況になっていたり、◆軽い運動でも太ももの筋肉の使われ方が間違ってしまっていたり、◆股関節の違和感を無意識にかばって負担になっていたり、◆外反母趾の痛みを無意識に避ける歩き方が負担になっていたり… 何も普段の姿勢ばかりが問題ではなかったりするのです。 今あなたの腰痛は、仰向けに寝て膝を立てて右左に倒す動作で激しく痛みますか?右に倒すときが痛みが強いですか?それとも左に倒すときが痛みが強いですか? その場合、大腰筋というお腹の中から股関節に繋がっている筋肉が伸び縮みがうまく出来ていないことが多いです。  ほんの少しおへその横辺りを押してみてお腹に痛みが走るのであれば、その可能性大です。※ぎっくり腰の場合はこの大腰筋が伸び縮みできなくなって、ちょっとした動作で腰に激痛が走ります。そして、お腹を少しおしてもお腹にかなりの痛みを感じます。&n… 続きを見る

お尻と太ももの裏の痛みとしびれ 札幌無痛整体

足にしびれというとすぐに腰椎椎間板ヘルニアを想像される方は多いのですが、腰はそんなに痛みを感じないのにお尻から太ももの裏にかけて痛みやしびれを感じるケースが意外に多いです。 梨状筋症候群と呼ばれるものですが、 この場合、整形外科などでレントゲンやMRIを撮ってもヘルニアではないので、様子をみるように言われ、湿布や筋肉弛緩剤を処方されたものの、痛みやしびれに苦しんでいる方は多いです。 この症状は主に・ランニングなどで、股関節に負担がかかりすぎている人・立ち仕事・車の運転など長時間同じ姿勢をとっている人・あぐらの姿勢でいることが多い人などに多いです。 自分でうつ伏せに寝てみて、お尻や股関節の部分を押してみて強い痛みを感じるのはこのケースに当てはまります。 こういった場合は、股関節からアプローチを行い負担を強いられて硬直してしまっている筋肉を和らげていきます。 揉んではかえって筋肉を硬直させてしまうので、くれぐれもご自身やマッサージなどでゴリゴリ揉まないでくださいね。 腰痛はそんなに感じないのに、お尻や太ももの裏側に痛みや… 続きを見る

腰痛 慢性的に腰が痛い

腰痛:慢性的な腰痛 慢性的な腰痛にも色々あります。 座っていて腰が痛い人は、本人は気づいていないのですが、腰を後ろに反っても痛い場合が多いです。 これは例えば…デスクワークばかりして猫背の人、うつ伏せで寝たり横向きでばかり寝ている人などは胸の前の胸骨が硬かったり、内側に閉じてしまっているために腰椎が硬くなってしまっています。  また、座ってばかりいる人は、お腹の中から股関節に伸びている筋肉が縮んでしまっているので、立ち上がろうとするときに筋肉がうまく伸びず、腰に痛みを感じます。 座ってばかりいる人や立ちっぱなしの人は、太もも横の腸脛靭帯や股関節が硬くなっているので、背中や腰に張りを感じる事が多いです。 反って腰が痛い場合同様に座ってばかりいたり、立って同じ姿勢が続くと、太ももの前の大腿四頭筋が縮まってしまって伸びない場合が多いです。 また腰椎が後ろに少し出ている場合もそこがぶつかってしまうので腰を反るときに痛みが出ます。 こういった様々な原因に対して、肩こり・腰痛回復センターでは、筋肉ばかりではな… 続きを見る

カラダを動かし気分をリフレッシュ

30年ぶりにライブステージでボーカルをやりました! 大学1年生の時だけボーカルで、その後は他の大学や社会人バンドではドラムとコーラスをやっていたので、正しくはほぼ38年ぶりでした。 大学時代は妹が結構見に来ていたのですが、その妹が「おじさんのライブは最初で最後かもよ」と娘に話ししたらしく、受験生にもかかわらず、サプライズで来てくれました(*^。^*)姪っ子との2ショット☆  ドラムは僕にドラムを教えてくれた先輩だったので、しぶしぶ…ボーカルをやりました(笑)。  いざ歌うと。。。やはり血が騒ぎ、ついつい本気モードで熱唱していました (#^.^#) 多くの先輩、後輩たちと時間を忘れ、当時へタイムスリップして大いに楽しんで来ました!! こんな一面もあるのですが、患者さんはビックリかもしれませんね。 続きを見る

腰痛 寝返りをする時に腰が痛い

腰痛:寝返りをする時に腰が痛い  寝返りをするという事は、つまりは腰を浮かす際に痛みが出るという事になります。腰椎(骨と骨の間隔)が縮む限界に来ているので痛みを出しているのです。また、腰が痛いという事が脳にインプットされてしまっていて、上半身先導で寝返りをしていることも多く、これでは腰への負荷が強くなり、余計に痛みを招いてしまいます。こういったケースでは骨盤と大腿四頭筋を詰めたり、股関節の上方を寝返りする方向に巻き込みながら寝返りの動作を数回行ってもらうと可動性が出てきて、寝返りをしやすくなります。 また、寝返りをする時に腰が痛い方は腰椎が中に入り込んでしまっているので、さらにうつ伏せになった状態での施術を行います。腰椎が中に入り込んでしまっていると、うつ伏せで両膝を曲げると腰に痛みが出ますので、片方ずつ施術を行います。腰椎を後湾させながら片方ずつ何回か膝を曲げる運動をすると、可動性が出てきます。もう片方も同様に行い、最後に先ほどまで痛みが出ていた両膝を曲げる運動を痛みのない範囲で何回か行います。これで両方のカカトがすぐさまお尻につかなくても、最初と比べて… 続きを見る

頭痛への整体施術

頭痛・めまい・メニエール・頭が重たい 肩こり・腰痛回復センターの整体施術ではこういった症状の場合、 まずは首の骨(頸椎)のゆがみをチェックします。これは少し首に圧をかけて痛みが出るかどうか…圧痛を確認します。 次に眼球の硬さをチェックします。これは眼球が硬いほうの頭に頭痛を招きやすいためです。 さらに頭の後ろの骨(後頭骨)の左右差と顔のほほ骨の左右のズレをチェックします。これは頭蓋骨のゆがみによる血流の阻害を確認するためです。 実は、治療家でも知っている先生は少ないのですが…頭の横の骨(側頭骨)がずれている側の足の甲には圧痛が存在します。 例えば、自分の左右の側頭骨に圧をかけて左側が痛いとすると、左足の甲の薬指と小指の間にも同様の圧痛があるのです。 このことは何を意味しているのか? つまりは、『足の不具合は側頭骨に影響し、頭痛を招くこともある』ということです。 靴を変えた時など、今までと違う違和感の感触を足に感じると頭痛が出始めたり、足にケガや捻挫をすると頭痛が出始めたり、外反母趾が酷くなり足のバ… 続きを見る

腰痛と不安の関係

先日最大震度7を観測した地震がありましたが、その後も余震が続き多くの方が不安の中での生活を余儀なくされました。 不安な感情はカラダへ様々な影響を与えます。 あなた自身も体験したことはあると思いますが、 多くの人前で話すとき、嫌な上司と話すとき、明るい未来が描けずに不安を覚えている時…など、  カラダは硬くなってしまっています。人間の持つ“防衛反応”が働き、筋肉を硬くしてしまうのです。 そうなると疲労物質は上手く排出されなくなり、知らず知らずのうちにカラダ全体に疲労が蓄積されてしまいます。 そして、カラダを動かす際に筋肉が十分に伸び縮み出来なくなってしまうため、ちょっとした動きの際に腰痛を感じるようになります。 また疲労物質が筋肉内に溜まったままで腰に重だるさを感じたりもするようになります。 不安感(ストレス)がこのように腰痛を招くことも多いのです。 こういった際にはまずはカラダに溜まった疲労をしっかり出してあげなくてはなりません。 マッサージなどの強い刺激は、されている時は気持… 続きを見る

肩こりがすぐ再発する 札幌の30代女性

肩こりは社会人になってからずっと感じていて、マッサージやカイロ、整体などあちこち行っているもののすぐに再発してしまって困っているという札幌の30代の女性が来院されました。 お仕事はデスクワークでパソコン作業が中心、忙しくて立って歩いて休憩する時間もないとの事。 まずはその座ってパソコン作業をしている姿勢をチェックすると、モニター画面を覗き込む猫背で、首が前に出てしまっている状態。 これでは首にかかる負担が正しい姿勢時の約3倍かかってしまうことになります。いくらマッサージやカイロ、整体を受けても翌日からこのような姿勢が長時間続いてしまうと… もうおわかりのように、首、肩の筋肉はパンパンに張ってしまい肩こりが再発してしまいます。 ではいったいどうしたら肩こりを再発しない、もしくは再発しづらい状態になるのでしょうか? いくつかのポイントがあります。 ①姿勢矯正をして正しい姿勢で仕事が出来る状態にリセットする。こうすることで、多少前かがみの猫背での仕事が続いても、仕事後には正しい姿勢に戻ることが出来るので一晩しっかり眠れば翌… 続きを見る

整体と整心で根本から回復を目指す!

札幌中央区民センターにおいて「健康とストレス(思考習慣)」に関する第二回目の講演会を実施させて頂きました。 第一部は、当院の患者さんであり強いストレスから「カラダを蝕まれた」経験を持つ看護師の北村哉江さん。 強いストレスを抱えながら仕事をし、カラダがボロボロになりながらも耐えて生活していた結果、悪性腫瘍を発症し人生のどん底に。「なぜ自分が?」「私は死んでしまうの?」そんな恐怖・不安・痛み…といったとても辛い経験を経て、今は自宅加療するまで回復。彼女はこの経験を通して多くの気づきを得て、自分の身の回りの様々なことに「感謝」すべきと感じたそうで、感謝を行動として現そうとこの講演会を始めました。 2回目の今回も、お話を聞かせて頂く中、皆さんが大きくうなずいたり、時には涙を浮かべたり…僕もついつい北村さんの苦闘の日々の光景が目に浮かび、もらい泣きしそう(した?)でした。 第二部はそんな北村さんの経験談とつながるように、カラダを通した体感実験を行い、脳とカラダの様々な反応を体感して頂きました。・人には潜在意識(自律神経)というものがあり、それは本人の命を守… 続きを見る

札幌のゆがみを矯正する整体院②

こんな歪んだ姿勢の人が増えています!!  左の姿勢と右の良い姿勢を比べてみて下さい。左の図は、最近急増している姿勢がサル型姿勢と呼ばれる姿勢です。背中が丸まって、アゴが出た状態の姿勢です。 このサル型姿勢は、ゲームやパソコンの普及により増えてきました。背中を丸めて座って、前(画面)を見ていることによりこういった姿勢になります。 また、さらに悪いことに、スマホなどでゲームを頻繁にやっている方は、首の付け根のところが出っ張ってしまったり、いつも首の筋肉や椎間板に負担をかけるため、首の筋肉が疲労しきっています。そこで、下図のように… 首の痛みで整形外科を受診し、レントゲンなどを撮ると「ストレートネックです」と診断されるケースも急増しているのです。 ただ、整形外科では湿布や痛み止め、筋肉弛緩剤くらいしか対処していただけないので、症状が辛い場合はその状態で放置せずに、しっかりと整体で歪みを矯正してあげて下さい。 歪みを矯正し、筋肉内の疲労が解消されていくと症状は軽減していきます。 ただし、虫歯治療したからといって…寝… 続きを見る
« Older Entries

札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分