関連ワード ‘札幌で信頼度No1整体院’

肩こり、腰痛改善につながる自律神経を整える方法

〜カラダの雑学〜『ため息』の以外な効能 よく、「ため息をつくと幸せが逃げる」と言われますが、自律神経的に見ると、実は、ため息はとてもいいものなんです。(^.^)思い出してみてください。ため息をつく前は、必ず呼吸が止まっています。(o_o)何か心配事や不安を抱えて考え込んでいたり、極度に根を詰めて作業をしていたり。 そんな時に、「はぁ…」と息をゆっくり吐く事が、疲労やストレスから滞ってしまっていた血流を良くし、副交感神経の働きを高め、自律神経の乱れを元に戻してくれます。つまり、ため息とは、人間のカラダが持っている素晴らしい自浄作用なんです。*\(^o^)/*医学的実験では、ため息をついた後の抹消血管には、みるみる血流が戻るという結果が出ています。逆に、ため息をつきたいのに我慢していると、ますます血流が悪くなり、その結果、頭痛や肩こりなど、肉体的にも色々な不調を招いてしまうのです。( ・∇・) ため息に限らず、呼吸というのは副交感神経優位な状態(=リラックスモード)にするのにとても大切ですからね!(^^)!整体も、もちろんため息をついた時の様な副交感神経を優位… 続きを見る

肩こり、腰痛、頭痛と自律神経の乱れ

〜カラダの雑学〜自律神経の乱れは万病の元皆さん体験されたと思いますが、当院では筋力の変化から自律神経の乱れをチェックしています。自律神経が整っているかいないかは、不調の回復に極めて重要なのです(^.^)近年医療業界においてはっきり分かってきたのが、心身の健康に、自律神経の働きが極めて重要だということです。 (´∀`)自律神経とは、自分で意識しないでも24時間私達の生命活動を支えているものです。免疫力にも当然大いに関係しています。そして自律神経は・交感神経・副交感神経の2種類から構成されています。 交感神経は日中活発に行動したり、パフォーマンスを発揮するために機能します。副交感神経はカラダをリラックスさせるために機能します。本来、自分の心とカラダを最も良い状態で働かせ、人生を幸せに生きて行くには、この2つの機能が効果的に機能しなくてはなりません。ところが、現代人の多くはこのバランスが崩れてしまっています。( ・∇・)交感神経の働きが続いた状態で、副交感神経にうまくスイッチが切り替えられないのです。すると、終日カラダは緊張・興奮モードが続いてしまい、カラダを癒し免疫力をアップする… 続きを見る

座っていて腰痛が出る場合

座っていて腰痛が出る椅子に座って、足を組みたくなる  これは左右の足の血流のバランスの悪さが原因です。 そういう場合、タオルを折りたたみ、足を組んだら下になる足側のお尻の下に敷いてみて下さい (╹◡╹) そうする事で左右不均等に流れていた血液がバランス良く流れるようになり、 足を組む頻度が少なくなり、骨盤の歪みも起きづらくなるので、腰痛が軽減されます(^.^) 人には、利き足と軸足があり、足を組んだ時上に重ねたくなる方が利き足で下になった方が軸足になります。立っていると無意識に軸足に体重をかけ、利き足の方を前に交差したり、浮かしたりしてませんか? 軸足と利き足の使い方の差が大きいと、腰痛になりやすいのです(^.^) でも、本当は定期的に自分のクセを正すのに整体でカラダの歪みを整えてあげれば何の心配もいりませんよ (#^.^#) 続きを見る

肩こり、腰痛、めまいと自律神経の関係

自分のカラダは自分のものだ!… それはそうなんですが。。。実は、自分で自分のカラダを思い通りに動かしてコントロール出来る部分というのは、手、足、目、口くらいなもので、心臓や腎臓、肝臓、胆嚢といった内臓関連は全くコントロール出来ません。コントロール出来る部分は実にわずかなのです。つまり、人は自分の事を知っているようで実はほとんど知らないのです。 先の、自分では認知出来ない、コントロール出来ない何かの働きの事を『潜在意識』と言います。医学的には自律神経組織と言われてます。この自律神経はわかりやすく言うと、生命維持装置。つまり、あなたの『潜在意識』はあなたの命を守るために存在しているのです。不調がなかなか改善しない背景には、そういった、自分では認知出来ない自律神経の働きの低下が大きく影響しています。自律神経が正しく働いているか?当院の筋肉テストですぐにわかりますよ(*^◯^*) そしてもちろん、当院の施術で自律神経は整っていきます!! 続きを見る

ストレスからの肩こり、頭痛や鬱からの回復

~カラダの雑学~思いは言葉が無くても伝わる これも当院でよく体感実験してもらっていますが… こちら術者=僕の思いによって、患者さんのカラダが柔らかくなったり硬くなったりする実験です。患者さんが目をつぶっていても、もちろんできます。 また治療家の先生たちに技術指導している際にも、“思いは言葉が無くても伝わる”ということを、ホワイトボードに文字を書いて実験したりします。これも実に不思議で…ホワイトボードの前にホワイトボードに背を向けて一人の先生に立ってもらって、それを他の先生は見つめています。そして僕がホワイトボードに言葉を書きますが、その文字を見つめている先生方には黙っていてもらい、その言葉をイメージしながらホワイトボードの前に立つ先生を見つめてもらいます。 すると…書いた言葉によって筋力テストで「力が弱くなったり」「力が強くなったり」するのです。 これらは、思いを伝えたい。と素直に思うと、自分の潜在意識がそれを実行してくれるという実験です。 ちょっと話は変わりますが…最近、人間関係で大きなストレスを抱えている方や鬱の方が増えて… 続きを見る

肩こり、腰痛と潜在意識=自律神経の関係

~カラダの雑学~潜在意識はあなたの命を守っている。潜在意識や自律神経の働きをみる時には、筋肉テストを行います。あなたはもう当院で体験されましたよね?似たものにはOリングテストもあります。あなたのカラダにとって「良いもの」か「悪いもの」かを潜在意識は察知して、「良いもの」であれば筋力は強いままですが、「悪いもの」だと筋力はとたんに弱くなるのです。これは目隠しをして左手に物を乗せ、右手の筋力の変化をみるとはっきり分かります。タバコを見えないように封筒に入れておいても、潜在意識は感じとり、筋力を弱めます。当院では、ストレスがどの程度カラダに影響しているか?この筋肉テストを使ったりもします。このように、自分では全く意識しなくても、潜在意識は24時間、あなたの命を守る為に一生懸命働いています。腕に付けている石のブレスレットも、今あなたにとって良いものかどうか?本当にあなたにとってパワーになっているのか?パワーが吸い取られていないか?筋肉テストで分かります。話は変わりますが、 ウィルスが体内に入ろうとしてる時、私たちは気づきませんよね⁉️お、来たなウィルス!と…気づく人はいません (^O… 続きを見る

グラグラ縦に揺れるめまい 札幌無痛整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 グラグラするめまいで、縦に揺れてる感じ。歩いていると時々動悸がして倒れるのではないか?と不安になる…という30代の女性が来院されました。  普段はデスクワークが終日続く仕事で、1ヶ月前から症状が現れ始め、漢方を飲むことを続けていたところ一向に改善する兆しが無く来院されたとの事。 【問診】お話を伺うと、半年くらい前から動悸が出たり焦る気持ちが出てきたりで、3ヶ月前から胃のあたりに不快感を感じているようでした。自律神経の乱れから来る症状が見受けられたので、ストレスによる自律神経の乱れのお話をさせて頂いたところ、検査時に是非「ストレス度合を体感したい」とのこと。 【検査】検査ではカラダが大きくゆがんでおり、右肩が上がり左腰が上がっている背骨がS字のゆがみが顕著です。そのため左を向く動作で左の首筋に痛みも出てきます。ストレスの度合い検査では、本人が驚くくらいの反応が出て「やっぱりなぁ」と改めて自覚されていました。ストレスを強く感じているせいで寝ていてもカラダの筋肉の緊張が取れず、「はい、… 続きを見る

腰痛の原因は腰には無い 札幌無痛整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 腰が痛くて歩くのも辛いんですと40代の女性が来院されました。  普段からデスクワークが多く、長時間座りっぱなしの姿勢で、特に運動習慣は無い。家では床に横座りや足を伸ばして座っていることがほとんどといった生活習慣だそうです。 会社ではどうしても座っている時に足を組んでしまうクセがあり、気づいてはいるもののなかなか足を組む習慣から脱せないでいる状況。 肩こり・腰痛回復センターでは「腰痛の8割は改善しますよ」とお伝えしています。ではあとの2割は?あとの2割は、腰痛を抱えていらっしゃるあなたの生活習慣を変える自助努力が必要なのです。 人間のカラダは、筋肉、関節などどの部分も動くためできています。ところが、 ◆運動不足で筋肉に適切な刺激を与えなかったり、◆誤った筋肉の使い方を繰り返していると、カラダは本来の姿勢を失い、筋肉と骨格の関係がアンバランスになってきます。 そうすると、筋肉は、通常使わない筋肉や骨格に助けを求めてしまいます。これを「代償作用」と呼びます… 続きを見る

なかなか改善しない腰痛 札幌の整体院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 腰痛がなかなか改善せず、あちこちの治療院を渡り歩いているんです…という30代の女性が来院しました。  お話をうかがうと、普段から疲労感があって寝てもなかなかスッキリしない。整骨院や整体に行って腰痛の治療を受けると、その日から数日はとても調子がいいのに、またもとの腰痛に戻ってしまうとの事。 腰痛の主な原因はカラダのゆがみとよく言われていますが、ご存知ですか? それは1つの原因ではあるのですが、では、なぜカラダがゆがんでしまうのでしょうか?もちろん悪い姿勢のままで毎日仕事や生活をされていてはゆがみは起こりますが、人間はもともとは、寝ると翌日にはカラダのゆがみは整うように出来ています。 ところが、寝てもカラダのゆがみがだんだん整わなくなっていき、血流などが悪化して腰痛などが招かれるのです。つまり寝ても回復が追い付かないほどカラダが疲れてしまっているのです。  疲労には、カラダの疲れ・頭を使った疲れ・人間関係や仕事での精神的な疲れの大きく3つの疲れがあありま… 続きを見る

左の腰だけ痛む 札幌の腰痛専門整体院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 腰痛ですがいつも左側だけ痛むんです。これって何か問題あるんですか?といった質問をよく受けます。  右の腰にしか腰痛が出ない方もいらっしゃいますが、左側の腰に痛みが出る場合、以下のような症状を併せて持っていることが多いです。 右の背中が痛かったり、右の肩が痛い左ばかり症状が出る体や首が、どちらかだけ向きにくい方がある そういった方は ◆全体的にカラダのバランスが崩れていて、筋肉のアンバランスが起きている ◆全体的に左に傾いている(内臓の疲労の可能性があります) ◆体が左右にねじれていて、体をねじる時に使う筋肉(大腰筋)が左がより疲労する癖がついているといった状態になってしまっています。 上記の「内臓の疲労」の場合だと、朝起きると腰が痛い左や腰のだるさを感じる体がむくみやすい姿勢や体勢関係なく痛みが出る腹痛お腹の不快感お腹が鳴る下痢、便秘といった症状も出てきます。 腰痛でマッサージや整体などに行ってもなかなかスッキリしない場合も多い事かと思います。 それ… 続きを見る

正座をすると足首が痛い 札幌の膝の痛みの治療院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 正座をすると足首が痛むという30代の女性が来院されました。足首といってもアキレス腱側ではなく、足の甲側に痛みが出るようです(下記図の円の部分)。  正座をした時に足首が痛むという場合、原因の多くは足首周囲の筋肉や腱が固まっていることにあります。実は、私自身もこの業界に入るべく技術研修を始めたころ、正座をしようとすると両方の足首が痛くてまともに正座が出来ませんでした。また、昔捻挫をして痛みをまだ持っている場合も同様の痛みを感じます。 【整体検査】足首からふくらはぎ、太ももまでの脚に筋肉の硬直と関節の硬直が強くみられました。普段からあまり歩かず、運動もほとんどしていない生活で、終日脚を使わないデスクワークだそうですっかり足首周囲の筋肉や腱が固まってしまっています。 【整体施術】整体施術は、まずは太ももの筋肉からゆるめていきます。ゆらゆらしながら、女性の場合とくに硬直しがちな内転筋をゆるめます。続いてふくらはぎをタッピングしながら、筋肉のねじれや硬直をゆるめて整えていきます。ここまでくると下準備… 続きを見る

膝が痛くて正座が出来ない 札幌 60代女性

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 膝が痛くて正座が出来ないという50代の女性が来院されました。  【問診】問診させて頂くと、以前から少し膝に違和感は感じていたが1年ほど前から少しずつ膝を曲げるときに痛みはじめ、今現在は全く正座が出来ない状態との事。 階段を上り下りする動作ではそんなに激しい痛みはなく、生活しているうえでは問題を感じないが、仕事で正座をしなければならないシーンが出来、何とか正座が出来るように戻りたいと来院されました。 【整体検査】仰向けで少し膝を持ち上げて、関節の動きを検査してみたところ関節はロックしていない(固まって動かない状況にはない)状態が確認できました。こういった場合は整体施術によって改善することが圧倒的に多いです。 触診では両足太ももの裏やふくらはぎに筋肉の硬直があり、太ももの内側の内転筋にも筋肉の硬直が見られました。この点を伺うと、「そういえば1年くらい前に自転車で転んで、膝を痛めたことがある」とのこと。 【整体施術】初回は脚を中心とした整体施術を行いました。仰向けに… 続きを見る

首の痛み 札幌の首の痛み専門整体院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 突然首が痛くて動かせないんです。30代の女性が首の痛みを訴え来院されました。  問診では特に事故やスノボなどで転倒した経験は無く、強いマッサージも最近は受けていないとの事でした。 毎日デスクワークでパソコン作業に追われ、肩こりと首のこりはいつも感じてはいたもののお風呂に入ればその症状も楽になっていた。ただここ1ヶ月くらい腕の上がりが悪い気がして、肩甲骨のあたりにもハリは感じていたとの事。 2年前くらいに一度肩こりが酷く整形外科を受診したところ「ストレートネック」との診断を受けた経験あり。  首の痛みは、マッサージ、カイロなどでの首の無理な矯正、磁気やチタンのネックレス(ブレスレット)、首のけん引(刺激量が適当でないもの)、電気治療、首を鳴らす、矯正枕、頚椎の矯正器具(ネックサポーターやカラーなど)など… 自分に合わない治療を繰り返し行うことにより悪化してしまうものがありますが、今回の女性はそういったことは無かったようです。 症状は首から後ろ… 続きを見る

右の腰だけ痛む 札幌の腰痛専門整体院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 右の腰だけにハリ感や痛みがあると30代の歯科医が来院されました。  歯科医は座って右の腰を捻じ曲げて患者さんの歯を覗き込みながら治療します。しかも毎日何人もの患者さんを診ています。すると右の腰の筋肉は縮こめられたままになり、血流も悪化していくのでハリや痛みを招くことになります。 歯科医に限らず、日ごろから片側にばかり重い鞄をかけていたり、左右差のある姿勢をとっていることで片側に無理がかかり、一方に痛みを生じる場合は多いです。 このように、腰痛の原因が姿勢や生活習慣などにある場合は、下記のような習慣が考えられます。 ■ 椅子に座って足を組む ■ 右肩、あるいは左肩のみに重い鞄などをかける ■ 長時間座り続けるなど、同じ姿勢をとり続ける ■ 沈み込むほど柔らかいベッドに寝ている  ところが、右の腰が痛む場合他の要因も考えられます。 例えば、急性虫垂炎、肝疾患、子宮や卵巣などの病気、大腸の疾患、膵疾患や腎臓の疾患などです。 なぜかいつも右側の腰がハル、痛み… 続きを見る

腰痛でお尻(仙骨)に痛みが出る 札幌の腰痛専門整体院

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 腰痛でお尻が痛いという30代の女性が来院されました。彼女が訴える「お尻」とは下記の仙骨の部分の痛みでした。 問診でお話をお聞きすると、腰痛のほかにも・首や肩がこる・便秘 ・冷え性 ・むくみ ・生理痛・生理不順 ・顔のゆがみ といった症状があるとの事。 仙骨は背骨につながっていて、ここがズレていると背骨の歪みが生じることがあります。背骨の歪みは、肩こりに始まり、生理痛や冷え性、むくみといった女性に多いさまざまな症状を引き起こします。 また、仙骨の前にある大腸も影響を受けるので便秘になることもあります。同じように、仙骨に覆われる形で子宮・卵巣があるため影響を大きく受けることになります。 さらには、仙骨の付近には神経が集まっているので痛みがでやすい部位でもあり、仙腸関節がズレると神経を圧迫して仙腸関節痛や脚にしびれや痛みなどを招くこともあります。  こういった場合は強い刺激はかえって仙腸関節の動きを遮ってしまうので、穏やかな刺激で関節の可動を広げていきます。 うつ伏… 続きを見る

猫背に関する朝日新聞の取材

 猫背に関する取材 猫背の方は「もっと胸を張って」と言われることが多いと思いますが、疲労が蓄積されてしまっていたり、長年同じ姿勢のままで生活しているとなかなかこの猫背姿勢は改善されません。猫背は見た目はもちろんですが、実はカラダに様々な負担をもたらします。たとえば慢性の腰痛の場合はまずは猫背を矯正して腰の骨(腰椎)にかかっている極度の負担を軽減させなければなりません。つまり、腰に大きな悪影響を及ぼしているのです。人間の背骨は、首から骨盤にかけての首の骨(頸椎)、背中の骨(胸椎)、腰の骨(腰椎)が横から見て穏やかなS字を描くのが本来の姿。湾曲を描くこれらの骨が重力に対してバネのように働き、平均5~6㎏もある頭の重さの負担を軽減してくれています。猫背は頭と首が前に出てしまっており、肩も前方に入り込んでしまっています。そうなると重たい頭を支える首の骨の正しいカーブは失われてしまい、ストレートネックになります。また肩が入り込むことで首の筋肉や肩の筋肉は引っ張り続けられるためはってしまい、結果血流が悪くなり頭痛や片頭痛を招きます。また首の神経を圧迫してしまうことで自律神経の正常な働きに… 続きを見る

自律神経失調症で動悸、疲労感、ほてり、背中の張り、頭痛

※原文をクリックすると拡大されます。<症状>7/23    動悸(地下鉄)7/24 精神科受診 抗不安剤処方(頓服)8/ 8 不安定 抗不安剤服用8/9   動悸(地下鉄) 抗不安剤服用8/10 疲労感 抗不安剤服用8/11 背中の張り 抗不安剤服用8/12     動悸(地下鉄) 抗不安剤服用8/13     背中の張り 抗不安剤服用   不安定 抗不安剤服用8/14 不安定 抗不安剤服用8/15 背中の張り 抗不安剤服用8/16 ほてり 抗不安剤服用             頭痛 抗不安剤服用8/16 精神科受診    抗不安剤処方(朝夕1錠28日分)8/18 ほてり <参考>2010/4~2016/12 精神科通院 抗うつ剤・抗不安剤 7月下旬、地下内で動悸が始まり、JR車内でも動悸が治まらなかったので、発車前に下車しました。自律神経失調症は以前にもなったことがあったので、翌日精神科を受診し、抗不安剤を処方されました。 それから半月ほどは、症状は出なかったので、一時的なものかと思っていました。8月上旬から毎日1~2回、自律神経失調症の様々な症状が出るようになり… 続きを見る

楽~に生きようよ♪

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。  僕は昔教師の父親から結構厳しく育てられました。『荒井の世界観』(お時間があったらどうぞ) その影響もあって、自分のセルフイメージがかなり低いまま生きて来たんですね。 セルフイメージって、「こんなことも出来ない俺ってなんなんだ!」「人よりも何倍も努力しないと皆と同じくらいにはなれない」「自分は誰にも愛されてないのかも」… といったような、自分が勝手に作ってしまっている世界なんだよね。  自分のとなりにいつも見えない厳しい自分を作ってしまっていて、 「なんでもっと頑張らないんだ!」「休日取ってるヒマあったらもっと仕事しろ!」「楽して幸せになれる訳ないだろ!」 って常に監視して、叱咤してくるし、責めてくる。  これじゃカラダがこちこちになって、病気を招きよせてしまう。   実際に僕はそうなってしまって、気づいたんだけどね(笑)。 院に来る患者さんたちを見ていると、ホントに真面目で頑張り… 続きを見る

訪問型法人向け整体ボディケアサービスプラン

 訪問の際のみ“ベッド1台置けるスペース”をご用意ください。 勤務中・休憩中・終業後などご都合の良い時間で整体ボディケアを受けることが出来ます。※貴社独自にカスタマイズされたプランもご提示致します。スペースは3m×2m程度で大丈夫です。  セラピストが御社までお伺いし、オフィスにて整体ボディケアを施します。少しのスペースのみご提供ください。その他は当院が全てご用意致します。 初期登録費用20,000円3時間28,000円4時間36,000円5時間44,000円※1名のセラピストで対応した場合となります。 一訪問ついては、最少3時間~とさせていただきます。お一人の整体ボディケアの時間は約30分となります。交通費、施術ベッド代、タオル代等込の訪問費用一式の料金(税別)です。訪問エリアによっては、別途、追加で交通費をいただく場合がございます。5時間以上・複数回訪問については、別途ご相談ください。 <Q&A> しびれやめまい、自律神経失調症、鬱などの重たい症状の施術はお願い出来ますか?重たい症状の施術は行っておりません。強い痛み、ヘルニア、しびれ… 続きを見る

左を向いたり上を向くと首から肩に痛み 札幌整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 左を向いたり上を向く動作で右の首から肩にかけて痛みが出るという症状の方が来院されました。  まずは当院オリジナルの「体感バランス検査」でまずは体感を検査してみました。 するとカラダがかなりぐらついてしまい、カラダ全体のバランス感覚がかなり失われていることが判明。ご本人も「こんなにぐらついてしまうとは思いませんでした!」と。 体感バランスは健康なときにはしっかりと整っていて、外部の力に対しても対抗できる状態にありますが、どこかカラダの一部にバランスの崩れがあると外部の力に対抗できずにぐらついてしまいます。 ストレスなどもこういった「体感バランス検査」による反応でストレスの本当の原因を知ることが出来ます。 次にカラダを見てみると、かなりの猫背で両肩が前に出ており、首から頭にかけて前に出てしまっていました。 これでは当然重たい頭を支えるために首から背中の筋肉は硬直して頑張らなくてはなりません。  頑張った結果、硬直した筋肉内の血流が阻害… 続きを見る
« Older Entries Newer Entries »

札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分