関連ワード ‘自律神経失調症’

肩こり、頭痛、めまいは脳の不調和からきている

当院に一度でも来られて施術を受けた方ならご存知かとは思いますが、当院は筋肉を揉んだり骨をバキボキしたりは一切しません。  ところがカラダに大きな変化が現れます。可動域であったり、温かさであったり、軽さであったり… これは当院の“脳に働きかける手技”に秘密があります。 肩こりや頭痛でも、最初の検査で首の動きを確認しますが、特段首に痛みのない方は、皆さん一様に「ちゃんと見えます」と答えられます。 ところが施術後には皆さん一様に「あれ?!ホントはこんなに見えるの!!」と声を発せられます。つまり左右や上下の景色は見えてはいるのですが、いつのまにか様々な要因で首の動ける範囲(可動域)が狭くなってしまっていることに気づかずに生活されているのです。そして、首は動けていると勘違いしている人がほとんどです。実際に動ける範囲よりもかなり狭い範囲内でしか動けていないのに…(*_*) この状態でいくら頑張って首の左右上下の動きを広げようとストレッチで努力しても、殆ど可動域は変わりません。なのに、当院の施術は首に一切触れずに、ある動きを3回ほどして頂く… 続きを見る

肩こり・腰痛とストレス・自己イメージの関係

~カラダの雑学~あなたが見ているモノは『実像・真実』ではない?私たちの脳と神経は、その環境で生じた問題や課題に対して自動的にかつ無意識的に反応するように出来ています。 先日お話しした少しの変化がストレスとなるというお話もしかり。 突然ですが。。。春の陽気が漂う今のシーズン、山菜取りに出かける方は多いですが、突然山道でクマと出会ったらどんな反応を示すでしょう? 助かるためには走って逃げなければなりませんが、これはいちいち考えてはいません。 恐怖による反応は、自動的でかつ無意識に行われ「逃げよう」と反応します。すると、恐怖をきっかけに筋肉を「パワーアップ」するカラダのメカニズムが働き、考えも及ばないくらい速く走れるようになります。  潜在意識(自律神経)が、鼓動を速くし、筋肉を激しく興奮させるアドレナリンが分泌させ、走るために必要のないカラダの機能はすべて停止させ、呼吸を速めて筋肉への酸素供給を通常の何倍にも増加させるのです。 火事場のバカぢから。これも同様です。 でも、例えばドッキリカメラのように…本物のクマ… 続きを見る

ストレスが引き金となる肩こり・腰痛解消法

~カラダの雑学~少しの変化がストレスとなる ストレスに関してはもう嫌というほど目にしたり、耳にしたりしているのではないでしょうか?そして、「ストレスは敵だ!」といった誤ったとらえ方をしている方も多いように思います。 実は、ストレスは人間にとって生きていくうえでも必要なことなのです。火事や地震を察知し、その危険から身を守る行動に出るためにも…「変化を察知」する事が大切なように。 実際、ささやかな異変や変化を感じ取り、命を守るためにそれを回避させようとするこの機能が無ければ私たちは生きる事さえ危ういのです。 ただし、このストレスが大きすぎたり、ずっと継続していたりするとこれがまた問題になります。例えば… ・人間関係・仕事のプレッシャー・過労・生活環境、職場環境 といった外部からの刺激や原因などのストレス要因があると、 ・胃やお腹が痛い・眠れない・不安感がある・過敏性腸症候群といったストレス反応を生み出します。 特に春は、お子さんから大人まで環境の変化が多い季節です。気候の変化、入学や就職、転勤、部署異動、引っ越… 続きを見る

肩こり・腰痛・めまいと季節・自律神経の関係

~カラダの雑学~潜在意識(自律神経)は今の状態を維持しようとする 冬から春にかけ、季節の変わり目による寒暖の差や新たな環境での生活のストレスなどで カラダがだるくなったり、頭痛や食欲不振といったさまざまな不調が出ます。自律神経が乱れ、活動中に働く交感神経と、休む時に作用する副交感神経のバランスが取りにくくなるこの季節こそ、意識的に栄養と適度な運動、睡眠を取り、生活習慣を規則正しく保つことが重要となります。  分かっちゃいるけどねぇ… という声が聞こえてきそうですが(*^。^*)あなたの幸せで健康的な生活の為に♡ ところで、 カラダ(の潜在意識)には変化対し同じ状態を維持しようというホメオスタシスという機能があります。夏、暑くなったら、汗をかいて熱を逃がしてカラダが熱くならないようにしたり、冬、寒くなったら、筋肉をブルブルッとふるわせて熱を作ってカラダが冷えないようにしたり…環境の変化に反応してカラダをはたらかせて、健康な状態を維持し、生命を維持しようという機能です。 食べ物が必要になったら、空腹感を感じさせ… 続きを見る

肩こり、腰痛は変化を感じると回復が加速する

カラダの雑学~顕在意識と潜在意識の関係~以前、「人の思いは言葉が無くても伝わる」というお話はしましたが、 あなたの思いや思考は人に対してばかりではなく、物質にも大きな影響を与えます。  物質の例として「水」で実験します。ペットボトルに水を入れます。何人かでそのペットボトルを見つめバカ!アホ!マヌケ!…といった「悪口」を頭の中に思い浮かべます。※言葉に出さないで下さいね。参加者のひとりに出てきてもらい、筋力テストを行いきちんと力が入ることを確認。※当院でやっている、僕のこぶしを手のひらで受け止めるテストです。次にそのペットボトルを手に持ってもらい、筋力テストを行います。するとどうなると思いますか? 何と!筋力が弱くなってしまっています。力が入りにくくなっているのです。 今度は、同様に、何人かでペットボトルを見つめながら大好き!尊敬します!信頼してます!…といった「良い言葉」を頭の中に思い浮かべます。※言葉に出さないで下さいね。参加者のひとりに出てきてもらい、筋力テストできちんと力が入ることを確認。 次にそのペットボトルを手に持っ… 続きを見る

肩こり・腰痛と習慣との関係

~カラダの雑学~悪い習慣が潜在意識を機能させ不調を招く 今回は、「肩こりが辛い」「頭痛が辛い」「腰痛が辛い」「めまいがつらい」「なんだか不安」「手や足がしびれる」 etc…といった皆さんの症状が、なぜ生活習慣から来るのか?を、潜在意識の視点からご説します。※前回告知した内容は…また後日!(ごめんなさい m(__)m) いきなりで驚かれるかもしれませんが…『潜在意識は顕在意識の忠実な召使い』なのです!  まずは、人が同じ行動を繰り返すと(これは顕在意識です)、潜在意識はどのように反応するか?という実験です。 あなたに僕の前に僕と反対方向を向いて立って頂きます。そして目を閉じてください。 僕があなたの肩をポン!と軽くたたきます。それを合図にあなたは目を閉じたまま後ろに倒れてきてください。僕は後ろであなたをしっかり受け止めますからご安心を。そしてこの肩をポン!と軽くたたくのを何回か繰り返します。(お互いの信頼関係もあるので回数は明記できませんが、どんな方でも70回もやればいいでしょう 笑) 回数を行った後に、僕があなたに「… 続きを見る

肩こり、腰痛、めまいと自律神経の関係

自分のカラダは自分のものだ!… それはそうなんですが。。。実は、自分で自分のカラダを思い通りに動かしてコントロール出来る部分というのは、手、足、目、口くらいなもので、心臓や腎臓、肝臓、胆嚢といった内臓関連は全くコントロール出来ません。コントロール出来る部分は実にわずかなのです。つまり、人は自分の事を知っているようで実はほとんど知らないのです。 先の、自分では認知出来ない、コントロール出来ない何かの働きの事を『潜在意識』と言います。医学的には自律神経組織と言われてます。この自律神経はわかりやすく言うと、生命維持装置。つまり、あなたの『潜在意識』はあなたの命を守るために存在しているのです。不調がなかなか改善しない背景には、そういった、自分では認知出来ない自律神経の働きの低下が大きく影響しています。自律神経が正しく働いているか?当院の筋肉テストですぐにわかりますよ(*^◯^*) そしてもちろん、当院の施術で自律神経は整っていきます!! 続きを見る

ストレスからの肩こり、頭痛や鬱からの回復

~カラダの雑学~思いは言葉が無くても伝わる これも当院でよく体感実験してもらっていますが… こちら術者=僕の思いによって、患者さんのカラダが柔らかくなったり硬くなったりする実験です。患者さんが目をつぶっていても、もちろんできます。 また治療家の先生たちに技術指導している際にも、“思いは言葉が無くても伝わる”ということを、ホワイトボードに文字を書いて実験したりします。これも実に不思議で…ホワイトボードの前にホワイトボードに背を向けて一人の先生に立ってもらって、それを他の先生は見つめています。そして僕がホワイトボードに言葉を書きますが、その文字を見つめている先生方には黙っていてもらい、その言葉をイメージしながらホワイトボードの前に立つ先生を見つめてもらいます。 すると…書いた言葉によって筋力テストで「力が弱くなったり」「力が強くなったり」するのです。 これらは、思いを伝えたい。と素直に思うと、自分の潜在意識がそれを実行してくれるという実験です。 ちょっと話は変わりますが…最近、人間関係で大きなストレスを抱えている方や鬱の方が増えて… 続きを見る

グラグラ縦に揺れるめまい 札幌無痛整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 グラグラするめまいで、縦に揺れてる感じ。歩いていると時々動悸がして倒れるのではないか?と不安になる…という30代の女性が来院されました。  普段はデスクワークが終日続く仕事で、1ヶ月前から症状が現れ始め、漢方を飲むことを続けていたところ一向に改善する兆しが無く来院されたとの事。 【問診】お話を伺うと、半年くらい前から動悸が出たり焦る気持ちが出てきたりで、3ヶ月前から胃のあたりに不快感を感じているようでした。自律神経の乱れから来る症状が見受けられたので、ストレスによる自律神経の乱れのお話をさせて頂いたところ、検査時に是非「ストレス度合を体感したい」とのこと。 【検査】検査ではカラダが大きくゆがんでおり、右肩が上がり左腰が上がっている背骨がS字のゆがみが顕著です。そのため左を向く動作で左の首筋に痛みも出てきます。ストレスの度合い検査では、本人が驚くくらいの反応が出て「やっぱりなぁ」と改めて自覚されていました。ストレスを強く感じているせいで寝ていてもカラダの筋肉の緊張が取れず、「はい、… 続きを見る

自律神経に関する症状で来院 札幌無痛整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 ここ1年くらい不眠が続き、首や背中にダルさと足先などに冷えを感じる症状で、心療内科に通院中の男性が来院されました。耳鳴りや背中の痛み、側弯症などの症状もあるようです。 5ヶ月ほど前には心療内科の薦めもあって運動をしてみたこともあるそうですが、最近は止めてしまったそうでカラダを動かすことも仕事以外ではほぼない様子。 仕事もそんなにカラダを動かす作業ではなく、カラダに辛さはなさそうですが、睡眠導入剤が無いと眠れない状況とのことでした。  当院独自の、自律神経の状態をチェックする筋力テストでは、まったくカラダに力が入らず体幹も崩れてしまっています。カラダの力がうまく抜けずに、仰向けで寝ると両肩が天井のほうにかなり上がってしまっています(肩をすぼめたような姿勢)。 自律神経の問題で来院される方は急増しています。 会社での人間関係、仕事でのストレス、対人関係での悩み、将来への不安、責任感からの自責の念…。 やはり真面目な性格の方が、多く症状を抱えているようです… 続きを見る

自律神経失調症で動悸、疲労感、ほてり、背中の張り、頭痛

※原文をクリックすると拡大されます。<症状>7/23    動悸(地下鉄)7/24 精神科受診 抗不安剤処方(頓服)8/ 8 不安定 抗不安剤服用8/9   動悸(地下鉄) 抗不安剤服用8/10 疲労感 抗不安剤服用8/11 背中の張り 抗不安剤服用8/12     動悸(地下鉄) 抗不安剤服用8/13     背中の張り 抗不安剤服用   不安定 抗不安剤服用8/14 不安定 抗不安剤服用8/15 背中の張り 抗不安剤服用8/16 ほてり 抗不安剤服用             頭痛 抗不安剤服用8/16 精神科受診    抗不安剤処方(朝夕1錠28日分)8/18 ほてり <参考>2010/4~2016/12 精神科通院 抗うつ剤・抗不安剤 7月下旬、地下内で動悸が始まり、JR車内でも動悸が治まらなかったので、発車前に下車しました。自律神経失調症は以前にもなったことがあったので、翌日精神科を受診し、抗不安剤を処方されました。 それから半月ほどは、症状は出なかったので、一時的なものかと思っていました。8月上旬から毎日1~2回、自律神経失調症の様々な症状が出るようになり… 続きを見る

心の問題はカラダから

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 心理的な問題を抱えてしまったときに、心療内科で投薬を受けたり、カウンセリングを受けるというのが一般的な方法として認識されていますが、 僕の経験上、本人にとって病院で「症状を付けられる」ことはちょっとした恐怖でもあります。「あなたは重度の躁うつ病です」そう告げられた時、未来が真っ暗になり、全く見えなくなってしまうショックを受けてしまう方も多いようです。  そして、そのような治療を受けても思うように症状が改善しないという人も多いようです。 僕の経験も踏まえたうえで、当院ではそのようなときは頭を切り替えて「まずはカラダを整えましょう」とお伝えしています。 心理的な問題を抱えている方というのは、自分で自分の心をコントロールできない状態で悩まれているので、その心を意識でコントロールしようというところにそもそも無理があることに気づいてほしいのです。 心とカラダは一つ。 自分では気づかないようなストレスでがんじがらめになって、どうしていいかわからない人は、まずはカ… 続きを見る

札幌で自律神経のお悩みを抱えている方へ

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 『心とカラダはつながっている』心身一如(しんしんいちにょ) これは言葉としては皆さんも聞いたことがあると思います。でも、あまりピンと来ていないかもしれませんね。楽しいときや落ち着いているとき、不安なときや緊張したとき、そのときどきのココロの状態はカラダに現れます。気持ちが落ち着いているときはカラダもリラックスしていますが、不安なときは筋肉が緊張し、呼吸が小さく速くなっているのことに気づいてますか?そんなとき、カラダに注意を向けて深く息を吸ってゆっくり静かに息を吐いていき、筋肉の緊張をゆるめていくと、気持ちも落ち着いてきます。 カラダとココロは自律神経やホルモンを通してつながって1つになっています。 カラダに注意を向け、カラダの様子を調整することによって、ココロ(自律神経)のありようを少しでも変えることができます。また、ココロに注意を向け、ココロの様子を調整することによって、カラダのありようを少しでも変えることができます。 僕はかつてココロに大きな負担を背負いました。そして、やがて大きな不調を抱えまし… 続きを見る

整体で寝返り効果を促進し肩こり・腰痛・しびれ・めまいの回復へ…。

 こんにちは。札幌の無痛整体「肩こり・腰痛回復センター」の荒井です。 肩こり・腰痛などといった不調のない方は、日々のカラダのゆがみを自由に寝返りを打つことで健康な状態にリセットして翌日を迎えています。「私は寝相が悪くって」…という方、ご安心ください(笑)。実は、寝返りができていることで日中の筋肉の疲労を解消出来ているんですよ。  無意識にしている寝返りは、日中の動作や姿勢で一部の部位に負担がかかってしまい、緊張状態を続けている筋肉に対する反応で…カラダはその筋肉を無意識に伸ばしたり、縮めたりして、緊張した筋肉をもとの状態に戻しています。健康であればその幅が大きく、関節の可動域も広くとれ、筋肉の緊張もすぐに解消しやすいのです。ところが、長年の疲労や睡眠不足、事故、病気などの様々な理由で日中のカラダのゆがみが改善できなくなることがあると、健康を維持するカラダの機能がうまく働かなくなってしまいます。 何日間も激務が続いたり、慣れない仕事やスポーツを行ったりすれば、睡眠を十分にとってもなんとなく疲れが残ってしまい、カラダの動きは悪くなります。そ… 続きを見る

他の病院や整体をはしごしていました

 主な症状: めまい、ふらつき、自律神経失調症Q1:来院される前、どのような期待や不安がありましたか? たくさんの整体や鍼に行っても、その場限りで次の日になったら元の体調に戻っていたので、とにかく良くなりたくて、絶対に良くなると信じて来院しました。Q2:実際に来院されてどうでしたか? 体をゆらゆらされてるだけで具合悪さや痛みが取れて行くのが不思議でした。Q3:整体前と整体後を比べてどうですか? 最初のころはすぐに元の状態に戻ることがありましたが、回数を重ねるにつれて体調が良くなっていくのが実感できました。Q4:他の整体院や医療機関と比べてどうですか? すぐ元の状態に戻ることが多くて「なぜ良くならないのかわからない」と言われて不安になって、また他の病院や整体をはしごしていました。 ここは不安になるようなことは言わないので、安心して来ることができました。Q5:私の説明はわかりやすかったですか? 先生も私と同じような症状に悩まれていたとのことで、説明にも説得力がありました。先が見えない時期にもはげましてくれたりして、心強かったです。アドバイスもたくさんいただけました。Q6:その他、… 続きを見る

札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分