関連ワード ‘整体 札幌’

腰痛 内臓や婦人科疾患からくる腰の痛み

カラダの中には内臓が包み込まれています。慢性的な腰痛はこの内臓の問題が原因となっている場合も多いのです。特に女性は、生理の時などお腹の中の内圧が高くなることで、お腹の奥の大腰筋が圧迫されるので腰に重だるいような鈍痛を感じます。 また子宮筋腫などが大きくなってくると、同様にお腹の奥の大腰筋が圧迫されるので腰に重だるいような鈍痛を感じます。 便秘で腸がいっぱいに詰まっている場合も同様です。 こういったケースでは、整体施術で硬くなってしまっている骨盤をゆるめてあげることで、大腰筋に対する負担を軽減させて腰の痛みを改善させていったり、 整体施術によって腸の状態を柔らかくして便通を良くしたり、子宮筋腫を柔らかくすることで腰の痛みを軽減させていきます。  また、胃や十二指腸の潰瘍、肝臓、腎臓、膀胱などの不調も腰痛の原因となります。 こういった場合は腰よりも少し上の、胃の裏あたりに痛みが出たり、空腹の時や脂っこいものを食べた後で痛みが出ることが多いようです。 腰痛とともに、全身が重い、カラダがだるいといった症状も併せて感… 続きを見る

腰痛対策 仰向けで膝を左右に動かすと痛い

腰痛といっても原因は実に様々で、同じ部分の痛みでも人によって原因は全く異なります。  ◆硬い椅子に座っていることが原因だったり、◆座っている時間が短くても運動不足で筋肉がすぐ固まりやすい状況になっていたり、◆軽い運動でも太ももの筋肉の使われ方が間違ってしまっていたり、◆股関節の違和感を無意識にかばって負担になっていたり、◆外反母趾の痛みを無意識に避ける歩き方が負担になっていたり… 何も普段の姿勢ばかりが問題ではなかったりするのです。 今あなたの腰痛は、仰向けに寝て膝を立てて右左に倒す動作で激しく痛みますか?右に倒すときが痛みが強いですか?それとも左に倒すときが痛みが強いですか? その場合、大腰筋というお腹の中から股関節に繋がっている筋肉が伸び縮みがうまく出来ていないことが多いです。  ほんの少しおへその横辺りを押してみてお腹に痛みが走るのであれば、その可能性大です。※ぎっくり腰の場合はこの大腰筋が伸び縮みできなくなって、ちょっとした動作で腰に激痛が走ります。そして、お腹を少しおしてもお腹にかなりの痛みを感じます。&n… 続きを見る

腰痛と不安の関係

先日最大震度7を観測した地震がありましたが、その後も余震が続き多くの方が不安の中での生活を余儀なくされました。 不安な感情はカラダへ様々な影響を与えます。 あなた自身も体験したことはあると思いますが、 多くの人前で話すとき、嫌な上司と話すとき、明るい未来が描けずに不安を覚えている時…など、  カラダは硬くなってしまっています。人間の持つ“防衛反応”が働き、筋肉を硬くしてしまうのです。 そうなると疲労物質は上手く排出されなくなり、知らず知らずのうちにカラダ全体に疲労が蓄積されてしまいます。 そして、カラダを動かす際に筋肉が十分に伸び縮み出来なくなってしまうため、ちょっとした動きの際に腰痛を感じるようになります。 また疲労物質が筋肉内に溜まったままで腰に重だるさを感じたりもするようになります。 不安感(ストレス)がこのように腰痛を招くことも多いのです。 こういった際にはまずはカラダに溜まった疲労をしっかり出してあげなくてはなりません。 マッサージなどの強い刺激は、されている時は気持… 続きを見る

肩こりがすぐ再発する 札幌の30代女性

肩こりは社会人になってからずっと感じていて、マッサージやカイロ、整体などあちこち行っているもののすぐに再発してしまって困っているという札幌の30代の女性が来院されました。 お仕事はデスクワークでパソコン作業が中心、忙しくて立って歩いて休憩する時間もないとの事。 まずはその座ってパソコン作業をしている姿勢をチェックすると、モニター画面を覗き込む猫背で、首が前に出てしまっている状態。 これでは首にかかる負担が正しい姿勢時の約3倍かかってしまうことになります。いくらマッサージやカイロ、整体を受けても翌日からこのような姿勢が長時間続いてしまうと… もうおわかりのように、首、肩の筋肉はパンパンに張ってしまい肩こりが再発してしまいます。 ではいったいどうしたら肩こりを再発しない、もしくは再発しづらい状態になるのでしょうか? いくつかのポイントがあります。 ①姿勢矯正をして正しい姿勢で仕事が出来る状態にリセットする。こうすることで、多少前かがみの猫背での仕事が続いても、仕事後には正しい姿勢に戻ることが出来るので一晩しっかり眠れば翌… 続きを見る

整体と整心で根本から回復を目指す!

札幌中央区民センターにおいて「健康とストレス(思考習慣)」に関する第二回目の講演会を実施させて頂きました。 第一部は、当院の患者さんであり強いストレスから「カラダを蝕まれた」経験を持つ看護師の北村哉江さん。 強いストレスを抱えながら仕事をし、カラダがボロボロになりながらも耐えて生活していた結果、悪性腫瘍を発症し人生のどん底に。「なぜ自分が?」「私は死んでしまうの?」そんな恐怖・不安・痛み…といったとても辛い経験を経て、今は自宅加療するまで回復。彼女はこの経験を通して多くの気づきを得て、自分の身の回りの様々なことに「感謝」すべきと感じたそうで、感謝を行動として現そうとこの講演会を始めました。 2回目の今回も、お話を聞かせて頂く中、皆さんが大きくうなずいたり、時には涙を浮かべたり…僕もついつい北村さんの苦闘の日々の光景が目に浮かび、もらい泣きしそう(した?)でした。 第二部はそんな北村さんの経験談とつながるように、カラダを通した体感実験を行い、脳とカラダの様々な反応を体感して頂きました。・人には潜在意識(自律神経)というものがあり、それは本人の命を守… 続きを見る

脊柱管狭窄症 整体での改善

高齢化社会となった現代、中高年の方が腰の痛み、脚のシビレで病院にかかると「脊柱管狭窄症」と診断されることが多くなってきました。 脊柱管狭窄症は、背骨の後ろ側にある神経の通り道が、骨の変形や靭帯が厚くなることで狭くなり、神経が圧迫されて腰に痛み、脚にシビレをもたらすとされています。 病院で脊柱管狭窄症と診断されると、コルセットや湿布を渡されたり、痛み止めの注射を打たれたりします。いわゆる保存療法ですが、これで効果が無ければ手術ということになります。 当院がいままでこのような症状の方を多く施術させていただいて考えるのは・・・「必ずしも脊柱管で神経が圧迫されて症状が出るのではない」のでは?ということです。 例えば、腰痛の原因として有名な椎間板ヘルニアですが、ヘルニアの手術が行われるきっかけとなったのは、腰痛を訴える人をレントゲン撮影したところ、ヘルニアが見られた人が多かったからです。ところがその後、腰に痛みない人を対象にレントゲン撮影を行ったところ、約70%の人にヘルニアがあることが分かりました。 こうして、ヘルニアは必ずしも腰痛の原因ではな… 続きを見る

慢性的肩こり・頭痛・めまい・腰痛などはメンタルが要因

 心とカラダは切っても切れない関係。  この言葉はよく耳にするのではないでしょうか? 先日投稿させて頂いた看護師さんの話(まだ読まれてない方はこちら☞『ストレスがカラダを蝕む?』)はそのことを如実に物語っていると思います。 また同様に、札幌の女医さんのお子さんが難病で生まれ、そのことで様々なストレスを抱えた結果乳がんになって右胸を全摘したという話もTVで紹介されていたそうです。 これは何も重い病気に限らず、慢性的な肩こり・慢性的な頭痛・慢性的なめまい・慢性的な腰痛…といったことにもつながっています。 施術を受けた時は楽になるのに…といった声はよく聞きますが、ではいったい何が原因でまた辛い状態に戻ると思いますか? 姿勢ですか?同じ猫背でも全く症状が出ない方は周りにいませんか?腰が90度に曲がったお婆ちゃんが腰痛が無いのは? 全ての出来事には原因があるから結果がある。 再発する原因は、あなたの心(思考習慣・性格)にあると僕は考えています。 ゆるんで楽になったカラダがなぜまた筋肉が硬… 続きを見る

肩こり・腰痛の軽減につながる「どうなりたいか」との思い

~カラダの雑学~潜在意識の力は薬をも上回る さて、今回も潜在意識とカラダの関係の実験から…。 あなたと同じ背丈の人と向き合って立ちます。あなたの右手を相手の左肩(もちろん左手を相手の右肩でもOK)に乗せます。この時、手のひらを開いて天井に向けるように乗せます。相手の方には両手で、あなたの伸ばした腕(肘の裏側)にゆっくり体重をかけて来てもらいますが、あなたはこぶしを力いっぱいグーと握りしめ肘が曲がらないように全力を出します。それでもやっぱりあなたの肘の内側に相手の体重がかかってくると、堪えきれずに曲がってしまいます。  では、実験です。 もう一度最初から同じように、あなたは相手の肩に手のひらを上に向けて乗せます。そして今度は、「私の腕は鉄の棒のように頑丈になった、まったく曲がらない頑丈な鉄の棒になった」としっかりイメージし、 イメージ出来たらこぶしを力いっぱいグーと握りしめ、「はい!」と合図して相手にゆっくり体重をかけて来てもらいます。  するとどうでしょう?!  腕はまったく曲がらない、… 続きを見る

肩こり・腰痛・しびれ解消② 札幌無痛整体

札幌の無痛整体肩こり・腰痛回復センター 院長の荒井です。 肩こり、腰痛、しびれ、めまいなど…不調の根本原因は私たちが本来持っている「自然治癒力」が本来の力を発揮できない状況になって、疲労などが蓄積されていくことで発症します。 その「自然治癒力」が十分に発揮できない状況は、カラダのゆがみによって体液の循環が滞ってしまうことが原因です。 ではカラダのゆがみはどうして起こるのでしょうか? 良く知られているのは日常の『姿勢』ですね。こういった姿勢が日常的にとられていると、カラダの一部に負担が偏ってしまうので筋肉のバランスが崩れ、より使われている部分の筋肉が硬直してしまい体液の循環を滞らせてしまいます。 その他にもカラダをゆがませてしまう原因があります。それは大きく『偏った食生活』『睡眠不足』『運動不足』『ストレス』です。これらの習慣を改善することが自力で出来るのであれば、慢性的な辛い症状は改善していきます。 でも、どうでしょう?これらのことをひとりで習慣化して継続していけるのでしょうか? 難しいですよね。。。 あの… 続きを見る

北海道の治療家の先生が集まるセミナーを開催しました。

2017年7月16日 全国2000人のプロの治療家を指導されている肘井博行先生をお招きした「第二回北海道セミナー」を開催。 始まりはなぜか…恒例のどしゃぶりの雨の中。本州から2名の参加の先生を含め18名での学びでした。今回僕は肘井先生の一挙手一投足全てを収録しようと、セミナー終日ビデオ撮影だけに専念させて頂きました。そうするといつもと違った視点でまた大きな気づき・感銘・感動を得られたように思います。 「札幌はいいところよね~」実はこの第一声からセミナーの内容が始まっていました。何に意識を配り、どう感じるか。当たり前になってしまっていると気づけない真実。 今回のテーマは 「重力」「中和」。 手技において、何を意識しているか?何に注目しているか?時に重力であったり、時に相反するものだったり。そしてそれが相手の脳にどのように伝わっているか?相手の脳がどのように納得し、愛を感じて安心するか?セミナーで肘井先生に触れられた先生はみなさん肘井先生の手に、「安心感」を覚えていました。恐らくは脳が肘井先生の慈愛を感じ、全てをゆだねる感覚になるのかと思い… 続きを見る

札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分