北海道で唯一!医師も推奨する!
「自律神経」の乱れを整え、不調・慢性症状を改善

どこに行っても治らない方の為の「最後の砦」

O脚・X脚

こちらをご覧のあなたは自分の脚にO脚・X脚といったコンプレックスをお持ちではありませんか?

  • 小さい頃からO脚で悩んでいる
  • ますますO脚がひどくなってる
  • キレイな脚ラインに憧れる
  • 上半身に比べ下半身が太くみえる
  • タイトなズボンやパンツが履きにくい

ここではO脚・X脚の原因とその解消方法に関して詳しく解説します。

O脚・X脚の原因

O脚とX脚は、下肢(足と膝以下の部分)の骨格や関節の配置に関する異常な形態です。

以下に、O脚とX脚の主な原因を詳しく説明します

O脚の原因

O脚は、足首と膝が内側に曲がり、足が外側に広がる状態を指し、この状態では、足首が内側に曲がり、膝と足首の内側が接近します。

遺伝的要因

O脚が家族に多い場合、遺伝的な要因が影響している可能性があります。

骨の成長や形状は遺伝によって左右されるため、親や近親者にO脚の人がいる場合、その特徴を受け継ぐことがあります。

筋力の不均衡

脚や腰周りの筋肉の強さが左右非対称であると、体重のかかり方に偏りが生じ、脚がO字形に開いてしまうことがあります。

特に、内ももの筋肉が弱いと、膝が外側に開きやすくなります。

骨盤の歪みの影響

骨盤の位置が脚の形に影響を与えるかについては少し複雑ですが、簡単に説明します。

骨盤が前に傾く(前傾)すると、お腹が前に出て、腰が曲がるような姿勢になります。

一般的には、この姿勢が直接脚を外側に開く(O脚)原因となるわけではありません。

ただし、骨盤の傾きや姿勢は、腰や脚の筋肉にどのように力がかかるかに影響を与え、間接的に脚の形に影響を及ぼすことがあります。

実際に、脚が外側に開く(O脚)か、内側に曲がる(X脚)かは、膝周りの筋肉の強さや、膝や足首の形など、他のいくつかの要因によっても決まります。

つまり、骨盤の前傾がO脚の直接的な原因というわけではなく、脚の形は骨盤の位置だけでなく、体全体のバランスや筋肉の使い方によって影響を受けると考えられます。

足の異常

足のアーチが正しく形成されていない場合(扁平足など)、脚全体のバランスが崩れ、O脚につながることがあります。

足のアーチが不十分だと、歩行時に脚が外側に開きやすくなります。

X脚の原因

X脚は、足首と膝が外側に曲がり、足が内側に向かい合う状態を指し、この状態では、膝と足首の外側が接近し、足が内側に交差するように見えます。

遺伝的要因

X脚は家族内で見られることがあり、遺伝が一因となる場合があります。

骨の成長パターンや形状が遺伝によって影響を受けるため、家族にX脚の人が多い場合、遺伝的な要素が考えられます。

筋力の不均衡

特に太ももの内側の筋肉(内転筋群)が弱いと、膝が内側に引き寄せられ、X脚が引き起こされることがあります。

また、腰回りやお尻の筋肉の弱さも、膝が内側に入る原因となることがあります。

骨盤の異常

骨盤が正常な位置や角度を保てていない場合、下半身のアライメントに影響を及ぼし、X脚を引き起こすことがあります。

骨盤の前傾や後傾などが、脚の形状に影響を与えることがあります。

足の異常

足のアーチが過剰に高い(ハイアーチ)状態や、足首の安定性に問題がある場合も、X脚の原因となり得ます。

足の構造的な問題は、歩行時の脚の使い方に影響を及ぼし、膝が内側に入りやすくなります。

O脚・X脚を放っておくとどうなる?

O脚やX脚を放置すると

  • 関節の負担増加
  • 筋肉の不均衡
  • 身体の不快感
  • 足の異常の進行
  • 事故や怪我のリスク

といった、健康上の問題や身体の不調が生じます。

以下に詳しく解説します。

関節の負担増加

O脚やX脚の場合、脚のアライメント(脚の直線的な配置)が正しくないため、これらの関節に均等でない力がかかり体重が均一に分散されず、特定の部分に過剰なストレスが集中します。

負担増加の結果、O脚の場合、膝の外側に過剰な圧力がかかり、X脚では膝の内側に圧力が集中します。

長期間にわたってこの状態が続くと、膝関節の軟骨が摩耗し、痛みや腫れが発生することがあります。

さらには股関節にも影響を及ぼし、股関節の痛みや機能障害が起こることがあります。

こうして長期間関節に過剰な負担がかかると関節そのものが変形し、動きをさらに困難にし、痛みを悪化させる可能性があります。

O脚やX脚が進行すると歩行パターンにも影響を及ぼし、不自然な歩き方が常態化して、さらなる関節への負担や、全身の筋肉バランスの乱れを引き起こす可能性があります。

筋肉の不均衡

O脚の場合、脚の外側の筋肉が常に過剰なストレスを受け、内側の筋肉は比較的使用されにくくなります。

X脚では逆に、脚の内側の筋肉に負担がかかり、外側の筋肉が十分に使われない状態になります。

そうなると弱った筋肉が関節を十分にサポートできなくなるため、関節への負担が増大し、痛みや変形の原因となります。

また筋肉の不均衡は正しい姿勢を維持することを難しくし、これにより背中や腰の痛み、さらには首の痛みにもつながる可能性があります。

筋肉が均等に使われないと、歩行や走るといった動作の効率が悪くなり、疲れやすくなったり、パフォーマンスが低下したりします。

さらに、一部の筋肉に過剰な負担がかかり続けると、その筋肉が硬くなり、周囲の筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)にも悪影響を及ぼし、これが新たな筋肉の不均衡を生み出し、悪循環に陥る可能性があります。

身体の不快感

O脚やX脚を放っておくと、身体の様々な部位に不快感や痛みが生じる可能性があります。

足の異常の進行

放置することでO脚やX脚の状態が悪化する可能性があります。

事故や怪我のリスク

足の形態に異常がある場合、歩行や運動時にバランスを崩しやすくなり、事故や怪我のリスクが高まります。

O脚・X脚の改善方法

O脚やX脚を改善するための主な方法は「整体療法」「筋力トレーニングとストレッチ」「カスタムオーソティクス(矯正靴底)の使用」などがあります。

整体療法によるO脚やX脚の改善

整体療法は、筋肉や関節のバランスを調整し、姿勢を改善する手法です。

整体師は身体全体の調和を取り戻し改善を促すためにさまざまなテクニックを使用しますが、O脚やX脚の場合、特に脚や骨盤の位置を調整し、筋肉のバランスを整える整体療法で改善が促されます。

整体療法は個人のニーズに合わせて整体施術が行われ、安全な整体療法で改善が行われます。

筋力トレーニングとストレッチよるO脚やX脚の改善

筋力トレーニングとストレッチは、O脚やX脚を改善するために有効な方法です。

内転筋(太ももの内側の筋肉)および外転筋(太ももの外側の筋肉)を強化するための適切なエクササイズを行うことで、脚の筋力バランスを調整でき、改善をサポートします。

また、ヒップ、骨盤、背骨周りの筋肉のストレッチも姿勢改善に役立ちます。

カスタムオーソティクス(矯正靴底)の使用によるO脚やX脚の改善

カスタムオーソティクスは、足の形状や歩行パターンに合わせて作られた特製の靴底です。

これを使用することで足の不均衡を矯正し、O脚やX脚の改善に寄与することがあります。

カスタムオーソティクスは、整形外科医や足専門医によって評価され、必要に応じて処方されます。

札幌でO脚・X脚を整体で改善したい方は「肩こり腰痛回復センター」

札幌の丸井今井さんから徒歩2分の整体院、肩こり腰痛回復センターでは痛みの少ない整体療法を用いてO脚・X脚の矯正を行っています。

O脚・X脚により下半身が太く見えてしまう・脚の間が大きく空いていてカッコ悪いといった悩みをお持ちではありませんか?

実はもっと深刻な問題があって、O脚やX脚では立った時の体の重さをしっかり受け止めることはできません。

そのため常に膝が曲がっている姿勢になり、骨盤が後ろに傾き、結果猫背につながっていきます。

整体療法によって脚のバランスが整うと…

  • 美しい脚が手に入ります
  • 足裏にバランスよく体重が乗り骨盤のゆがみを防ぎます
  • 足裏のマメが解消されます
  • 外反母趾予防・改善になります
  • 脚の長さが整います

O脚・X脚の整体施術を受けた方の口コミ

20代札幌のOLさん

お母さんもお婆ちゃんもO脚で2人とも膝に痛みが出ていて、自分も膝が心配で来院しました。

膝の間は指5本より開いていて、実際に見てみると自分でもひどいなと思っていました。

施術後の感想は、綺麗になるまでもっと長時間かかるかなと思っていたので、こんなに短期間で綺麗になって嬉しいです。

今までなるべく目立たないようにズボンとか長いスカートでしたが、短いスカートがはけるようになったのが嬉しいです。

特に中・高生の時にはコンプレックスになっていました。

O脚で悩んでいいる方へ、施術とは別に家でのストレッチも教えていただいて、やることでこんなに変わることができたので是非来てみて下さい。

O脚・X脚の整体での改善なら札幌で口コミ・人気No.1!整体院「肩こり腰痛回復センター」感想
※個人の感想で成果を保証するものではありません。