北海道で唯一!医師も推奨する!
「自律神経」の乱れを整え、不調・慢性症状を改善

どこに行っても治らない方の為の「最後の砦」

首の痛み

今、あなたは首にこんな症状を抱えてお悩みではありませんか?

  • 首のこりがひどく、重さやだるさがあって辛い
  • 首のこりだけでなく、首の痛みも感じてきた
  • 首のこりがひどくなると頭痛も出てきて仕事に集中できない
  • 首のこりだけでなく、腕のだるさや重さも感じる
  • 仕事をしていると首の痛みがでてくる
  • 首から肩にかけての痛みがつらい
  • 以前は首のこりだけを感じていたが、首の痛みまで感じるようになってしまった

この記事では、首の痛みを改善するための実用的な情報を解説しています。

首に生じる首のこり、首の痛みはその原因や背景によって実に様々です。

【症状別】首のこり・首の痛みの原因は?

  • 首のこりとは?
  • 首の痛みとは?

首のこり

首周りの筋肉が硬くなり、動かしにくくなる状態で、違和感や首から肩にかけての痛みを伴うことがあります。

首の痛み

首の筋肉、神経、関節、または骨に起因する痛みで、これは急激に発生することもありますが、通常は徐々に発生し、継続することが多いです。

以下首のこり・首の痛みの主な原因5つに関して詳しく説明していきます。

  1. スマホ首・ストレートネック
  2. 自律神経の乱れ
  3. 猫背
  4. 頸椎椎間板ヘルニア
  5. 筋肉の緊張や筋肉疲労

スマホ首・ストレートネック

スマホ首とも呼ばれるストレートネックは、首のこりや首の痛み、首から肩にかけての痛みの一般的な原因の一つです。

これは主に、長時間スマートフォンや他のモバイルデバイスを使用する際の不適切な姿勢によって引き起こされる状態です。

スマホ首・ストレートネックによる首のこりや首の痛みの特徴は以下が原因となります。

姿勢

スマートフォンやタブレットを使う際、多くの人が頭を前に傾け、下向きにして画面を見ます。

この姿勢が長時間続くと、首の自然なカーブ(頸椎の前弯)が失われ、ストレートネックになり、首のこりや首の痛みになります。

筋肉の負担

頭を前に傾けることで首と肩の筋肉に過度の負担がかかります。

人間の頭の重さはボウリングの玉と同じくらいの重さ、約4.5~5.5キログラムあり、この重さが不自然な角度で首にかかると、筋肉が過剰に緊張し首のこりとなり首の痛みを招きます。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れが引き起こす首のこりや首の痛みにはいくつかの特徴があります。

自律神経は体内のさまざまな無意識の機能を制御しており、そのバランスが崩れると多様な症状が現れることがあります。

首のこりや首の痛みに関連する自律神経の乱れの特徴には以下のようなものがあります。

症状の変動性

自律神経の乱れによる首のこりや首の痛みは、日によって強さが変わることがあります。

特にストレスが多い時期や疲労が蓄積している時に症状が悪化する傾向があります。

その他の自律神経症状の併発

首のこりや首の痛みだけでなく、頭痛、めまい、吐き気、胃腸の不調、不眠など、他の自律神経症状が併発することがあります。

緊張型の痛み

筋肉の過度な緊張により、緊張型の頭痛や肩こりと共に首の痛みが生じることがあります。

症状の持続性

自律神経の乱れに起因する首のこりや首の痛みは、持続的または周期的に現れることが特徴です。

物理的な原因が見当たらない場合

自律神経の乱れによる首のこりや首の痛みは、外傷や明確な物理的ストレスがないにも関わらず発生することがあります。

猫背

猫背の姿勢が長時間続くと、首周りの筋肉に負担がかかり、首のこりや首の痛み、めまいなど様々な症状を招きます。

猫背による首のこりや首の痛みに関連する特徴には以下のようなものがあります。

頭の前傾

猫背の姿勢では頭が前に突き出すことが多いです。

これにより首の筋肉に通常以上のストレスがかかり、首のこりや首の痛みを引き起こすことがあります。

筋肉の緊張

猫背により首の筋肉が緊張し、それが継続すると筋肉が固まり、首のこりや首の痛みが生じます。

血行不良

長時間同じ姿勢を続けることで首の筋肉の血行が悪くなり、首のこりや首の痛みの原因となります。

姿勢に起因する痛み

長時間同じ姿勢を維持することで、首の筋肉が疲労し、首のこりや首の痛みが生じます。

筋肉のバランスの崩れ

猫背は首と肩の筋肉のバランスを崩し、一部の筋肉に過度の負担をかけ、首のこりや首の痛みが生じます。

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎(首の骨)の間にある椎間板が突出し、周囲の神経根や脊髄を圧迫する状態を指します。

頸椎椎間板ヘルニアによる首のこりや首の痛みの特徴には以下のようなものがあります。

首の痛み

頸椎椎間板が突出することで、首の痛みや肩の痛みが生じます。首の痛みは首の動きによって悪化することがあります。

放散痛

首の痛みが肩や腕、手指に放散することがあります。特に、神経根が圧迫されると、放散痛が顕著になります。

しびれや感覚異常

圧迫された神経により、腕や手指にしびれやピリピリする感覚が現れることがあります。

筋力の低下

重度の場合、腕の筋力が低下することがあります。

頭痛

頸椎の問題は頭痛を引き起こすこともあります。

筋肉の緊張や筋肉疲労

筋肉の緊張と疲労は相互に作用し合い、筋肉の状態を悪化させます。

緊張した筋肉は疲労しやすく、疲労した筋肉はさらに緊張しやすい状態になります。

特に首は重い頭を支える役割を持っており、不適切な姿勢は首に大きな負担をかけます。

デスクワークなどで前方に傾いた頭は首の筋肉に過剰な負荷を与え、緊張と疲労を引き起こしやすくなります。

筋肉の緊張や筋肉疲労による首のこりや首の痛みの特徴には以下のようなものがあります。

持続する筋肉の緊張

長時間同じ姿勢を続けることやストレスによって、首や肩の筋肉が緊張し続けることがあります。

特に、デスクワークやスマートフォンの長時間使用が原因で首のこりや首の痛みが起こりやすいです。

筋肉の硬直

筋肉の過度な使用や緊張は、筋肉が硬直し、柔軟性を失うことがあり、そのことで首のこりや首の痛みを招きます。

痛みやコリの発生

筋肉が緊張した状態が続くと、首のこりや首の痛みが発生します。

運動不足による影響

適度な運動不足も筋肉の緊張や疲労を引き起こす原因となり、首のこりや首の痛みを招く原因となります。

ストレスや精神的疲労

精神的なストレスや疲労は、筋肉の緊張を引き起こし、首のこりや首の痛みを招く原因となります。

首のこり・首の痛みが良くならない理由

首のこりや首の痛みが改善しない、あるいは慢性化してしまう背景には、日常生活でのさまざまな要因が関与しています。

特に現代社会では、スマホやコンピューターの長時間使用によって引き起こされるスマホ首と呼ばれるストレートネックが一般的な問題となっています。

ここでは、スマホ首・ストレートネックが改善しない、または慢性化する主な3つの理由を詳しく見ていきます。

  1. 継続する不適切な姿勢
  2. 適切な対処法の不足
  3. 首の痛みの原因とその悪化要因

継続する不適切な姿勢

長時間のスマートフォン使用

スマートフォンや他のデバイスを長時間使用し続けることで、首に負担をかける姿勢が継続されます。

デスクワークの姿勢

デスクワークやパソコン作業も、首を前に傾ける姿勢が続くため、ストレートネックの原因となります。

適切な対処法の不足

自己治療の限界

自己判断でのストレッチやマッサージだけでは、根本的な原因に対処できないことが多いです。

専門家による治療の欠如

適切な診断や専門的な治療を受けないことで、症状が慢性化することがあります。

首の痛みの原因とその悪化要因

不適切な姿勢とストレートネック

首の痛みは、長期間の不適切な姿勢によって引き起こされることが多いです。

このような姿勢が続くと、首周りの筋肉が慢性的に緊張し、柔軟性を失うことになります。

結果として、筋肉に過剰な負荷がかかり、ストレートネックという問題が生じます。

ストレートネックは、首だけでなく全体的な姿勢の悪化を招き、これがさらに首への負担を増やす原因となります。

習慣の変更の難しさ

日常生活の中で不適切な姿勢を続けることは、多くの人にとって簡単に改善できることではありません。

この習慣の継続が、首の痛みを悪化させる主な要因の一つです。

日常の習慣を変更することは難しいものの、意識的に姿勢を正すことで、首への負担を軽減し、痛みの悪化を防ぐことが可能になります。

首のこり・首の痛みの改善方法

首のこりや痛みを改善するためには、整体療法、適切なストレッチと運動、そして生活習慣の見直しという3つのアプローチが効果的です。

整体療法では、専門の施術者が首の歪みや固まった筋肉に対して直接アプローチを行い、適切な位置に調整することで緊張を和らげます。

同時に、日々のストレッチや運動を取り入れることで、首周りの筋肉を強化し、柔軟性を高めることができます。

これにより、首の痛みやこりを自然と軽減させることが可能になります。

また、長時間同じ姿勢でいることやスマホの見過ぎといった、首に負担をかける生活習慣を見直し、改善することも重要です。

これらの改善策を組み合わせることで、首のこりや痛みに対する根本的な解決に繋がり、より快適な日常生活を送ることができるようになります。

主な3つの理由を詳しく解説します。

  1. 整体療法
  2. ストレッチと運動
  3. 生活習慣の改善

整体療法

整体療法は、体の構造的な不調和を調整し、全体のバランスを改善することを目的とした治療法です。

特に首のこりや痛みに関しては、現代人が抱える一般的な問題の一つであり、整体療法がその解消に効果的な手段となります。

  • 整体療法の特徴
  • 整体療法の効果
  • 整体療法の適用

整体療法の特徴

整体療法では、患者様の姿勢を詳細に観察し、触診によって緊張している筋肉や関節の異常を特定します。

その後、特定した問題点に対して、ストレッチ、圧迫、関節の動きを促すなどの手技を用いて施術を行います。

整体療法の効果

整体療法によって筋肉の緊張を緩和し、首や肩の周りの血流を改善することで、痛みや不快感を軽減します。

さらに、整体療法は姿勢を改善し、首と脊椎の正しいアライメントを回復させることで、再発を防ぐ効果も期待できます。

整体療法の適用

長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の固定化や、日常生活での不均衡な体の使い方が原因で生じる筋肉の緊張は、整体療法によって改善されることが多いです。

整体療法は、これらの問題を総合的に捉え、体全体のバランスを整えることで、症状の根本的な原因にアプローチします。

ストレッチと運動

首の緊張やこりを解消し、柔軟性を高めるために、日常生活で簡単に実践できる効果的なストレッチ方法を1つご紹介します。

顎をゆっくりと胸に近づけ、首の前側をストレッチします。

頭をゆっくり右に傾け、右肩に近づけるようにします。この位置で5〜10秒間キープし、首の左側をストレッチします。

同様に頭を左に傾け、左肩に近づけるようにして、右側をストレッチします。

最後に、顎を上げて天井を見るようにして、首の前側を伸ばします(この一連の動作を3〜5回繰り返します)。

生活習慣の改善

不適切な姿勢や生活習慣が首のこりや首の痛みを引き起こす主な原因の一つです。

姿勢を正し、適切な枕や椅子を使用することで、首への負担を軽減し、首のこりや首の痛みを予防・改善します。

首のこりや痛みの改善において、生活習慣の見直しは非常に重要です。

特に注意すべきは、デスクワーク中の姿勢改善、定期的な休憩の取り入れ、そして適切な睡眠環境の確保の3つです。

適正な姿勢を保つことで、首や肩への負担を軽減し、数時間ごとに短い休憩を取ることで筋肉の緊張を和らげます。

また、良質な睡眠を確保するために、静かで涼しく、暗い睡眠環境を整えることが、疲れた体と心を休息させ、痛みやこりの回復に役立ちます。

以下に詳しく説明します。

➀デスクワーク中の姿勢改善ポイント

  • モニターの位置
  • 椅子とデスクの高さ
  • キーボードとマウスの位置
  • 姿勢の維持

〇モニターの位置
モニターは目線の高さ、またはやや下に位置するように設定し、使用者から約腕一本分の距離の離れた位置に置くことが理想的です。

〇椅子とデスクの高さ
椅子の高さを調整し、足が床にしっかりとつくようにし、膝が90度の角度を保てるようにしましょう。

デスクの高さは、肘がデスクに軽く触れる位置で、腕が水平またはやや下向きになるように設定します。

〇キーボードとマウスの位置
キーボードとマウスは、腕を自然に伸ばした状態で容易にアクセスできる位置に置いて、腕はリラックスした状態で、肘は体の近くに保ちます。

〇姿勢の維持
背中は直立または軽く後ろに傾けて、背もたれを使用して支え、肩はリラックスさせ、下げた状態に保ち、肩を耳に近づけないように意識し、頭は背骨の延長線上に保ち、あごを少し引くようにすると良いです。

➁定期的な休憩

〇休憩のスケジューリング
作業に没頭していると時間が経つのを忘れがちなので、タイマーを使って1時間ごとに休憩の時間を設定しましょう。

〇休憩時間は5分から10分程度が理想的です。

〇立ち上がって行う活動
オフィス内や自宅の周りを軽く歩きましょう(階段を使うことができれば、さらに良い運動になります)。

〇立ちながら行うストレッチ
例えば、手を天井に向かって伸ばす、身体を左右にひねる、または腕を後ろで組んで胸を開くなどの動作が効果的です。

〇デスク周りでできるストレッチ
頭をゆっくりと前後左右に傾けることで首周りの筋肉を伸ばし、肩を回して肩周りの緊張を和らげましょう。

〇手首や腕のストレッチ
手を前に伸ばして手のひらを上下に反らせる動作が有効です。

〇目の休憩
20分ごとに20秒間、20フィート(約6メートル)離れた場所を見ることで、目の疲れを軽減します。

〇環境の変更
短時間でも異なる場所に移動して作業することで、身体の姿勢を変え、新鮮な気持ちで作業に取り組むことができます。

③適切な睡眠環境の確保

首のこりや首の痛みを軽減するための睡眠環境の3つのポイントは

〇適切な枕の使用
枕が高すぎると首に負担がかかり、低すぎると首の曲がりが不自然になります。

一般的には、横向きで寝る場合は肩から頭までの高さを補える枕、仰向けで寝る場合は首のカーブにフィットする低めの枕が推奨されます。

〇適切なマットレスの選択
マットレスが硬すぎると体の一部に圧力がかかりすぎ、柔らかすぎると体が沈み込みすぎてしまいます。

体重や好みに応じて、体を均等にサポートする適度な硬さのマットレスを選びましょう。

〇睡眠中の姿勢の改善
背中か横向きで寝ることが、首への負担を最小限に抑える睡眠姿勢です。

仰向けに寝る場合は、首の自然なカーブをサポートする枕を使用し、横向きに寝る場合は、首と肩の間の空間を埋めるのに十分な高さの枕を使用します。

うつ伏せで寝る姿勢は首を横にひねる必要があり、それが首の痛みやこりの原因になり得ます。

札幌で首のこり・首の痛みを改善したい方は「肩こり腰痛回復センター」

「朝起きたら片側には動かせるけれど、もう片側を向こうとすると痛くて動かせない」

「パソコン作業に集中していたら急に首が痛くて動かせなくなった」

という症状で肩こり腰痛回復センターに駆け込まれる方は少なくありません。

札幌の肩こり腰痛回復センターの整体療法は、まずは首のこりや首の痛みで固まってしまっている筋肉を和らげるために、自律神経を整えることから取り組みます。

首のこりや首の痛みを抱えている状態でのマッサージや押し揉みの整体などは、筋繊維を破壊してしまい、そのことで後日強い揉み返しが発生してしまいます。

確かにマッサージや強いチカラでの整体での、首のこりや首の痛みにたいしての押し揉みは、痛気持ちよく、された感があるのはよくわかります。

しかしながら、マッサージや強いチカラでの押し揉みによって、筋繊維を破壊すればするほど筋肉は固まり、より強い刺激を求めてしまうループにハマってしまいます。

またそのことによって、首のこりや首の痛みが悪化してしまう場合も多々あります。

札幌の肩こり腰痛回復センターの整体は、強い刺激で筋肉を破壊することなく、まずは自律神経を整え、全身の緊張しきった筋肉を和らげます。

この整体療法は押し揉みすることなく、3分程度で首こり・肩こりは解消され、筋肉はぷにゅぷにゅに戻ることを実感していただけます。

そのうえで、安全な骨格の調整を行っていくので、猫背で肩が前に出てしまっている状態も1回で肩がしっかりと開き、姿勢が矯正され、呼吸が楽になり、目の前がパッと明るくなります。

寝違えによる首の痛みは、普段から首こりや背中の張りを抱えているために起こります。

また何回も寝違えを起こす場合は頸椎椎間板ヘルニアを誘発してしまうので、整体で普段からしっかりと首こりや首の痛みのメンテナンスを行い進行させないことが大切です。

首の施術を受けた方の口コミ

札幌市 30代女性 会社員
札幌市 30代女性 会社員

Q1:来院される前、どのような期待や不安がありましたか?

初めての整体だったので、バキボキ痛くされたりしないか、毎回担当が変わったりしないか、整体前後に説明はあるか等心配だったので事前にHPで調べました。

Q2:実際に来院されてどうでしたか?

心配していた事は全てなんの問題もありませんでした。

Q3:整体前と整体後を比べてどうですか?

月に1回体のメンテナンスをする事で、酷い痛みは出なくなり、身体だけでなくリラックス出来て気分転換にもなりました。

Q4:他の整体院や医療機関と比べてどうですか?

整体前に病院にも通ってみたのですが、湿布と痛み止め薬を処方されるだけで根本的な解決にはならなかったです。

Q5:私の説明はわかりやすかったですか?

詳しく丁寧に話を聞き、説明をしてもらえるのでとても信頼しています。施術中は世間話をしながら楽しく過ごせるので、心身共にリラックス出来ます。

Q6:その他、何かひとことお願いします。

月1回の予約以外にも、急に不調になった際にもすぐ対応してもらえるので安心です。施術室は明るくキレイで清潔なので女性一人での来院も全く心配ありません。

肩こり・頭痛でお悩みなら札幌で人気No.1!「肩こり・腰痛回復センター」感想
※個人の感想で成果を保証するものではありません。

札幌の肩こり腰痛回復センターの整体は、強い刺激で筋肉を破壊することなく、まずは自律神経を整え、全身の緊張しきった筋肉を和らげます。

この整体療法は押し揉みすることなく、3分程度で首こり・肩こりは解消され、筋肉はぷにゅぷにゅに戻ることを実感していただけます。

そのうえで、安全な骨格の調整を行っていくので、猫背で肩が前に出てしまっている状態も1回で肩がしっかりと開き、姿勢が矯正され、呼吸が楽になり、目の前がパッと明るくなります。

寝違えによる首の痛みは、普段から首こりや背中の張りを抱えているために起こります。

また何回も寝違えを起こす場合は頸椎椎間板ヘルニアを誘発してしまうので、整体で普段からしっかりと首こりや首の痛みのメンテナンスを行い進行させないことが大切です。