関連ワード ‘札幌の安心な整体’

腰痛 慢性的に腰が痛い

腰痛:慢性的な腰痛 慢性的な腰痛にも色々あります。 座っていて腰が痛い人は、本人は気づいていないのですが、腰を後ろに反っても痛い場合が多いです。 これは例えば…デスクワークばかりして猫背の人、うつ伏せで寝たり横向きでばかり寝ている人などは胸の前の胸骨が硬かったり、内側に閉じてしまっているために腰椎が硬くなってしまっています。  また、座ってばかりいる人は、お腹の中から股関節に伸びている筋肉が縮んでしまっているので、立ち上がろうとするときに筋肉がうまく伸びず、腰に痛みを感じます。 座ってばかりいる人や立ちっぱなしの人は、太もも横の腸脛靭帯や股関節が硬くなっているので、背中や腰に張りを感じる事が多いです。 反って腰が痛い場合同様に座ってばかりいたり、立って同じ姿勢が続くと、太ももの前の大腿四頭筋が縮まってしまって伸びない場合が多いです。 また腰椎が後ろに少し出ている場合もそこがぶつかってしまうので腰を反るときに痛みが出ます。 こういった様々な原因に対して、肩こり・腰痛回復センターでは、筋肉ばかりではな… 続きを見る

肩こりや腰痛は姿勢が原因?

~カラダの雑学~あなたの思考が真実を見えなくする。  さて、図形Aと図形Bとではどちらが長いでしょうか? 実は、どちらも長さも太さも全く同じなのですが…図形Bのほうが長く見え、図形Aのほうが太く見えます。 ではこの絵は何に見えますか?  「若い女性が右を向いている姿」であったり、「老婆の横顔」であったり。 このように私たちの脳は見かけに騙されたり、一度そのように見えてしまうと、その後はなかなか違った見方をするのが難しくなってしまったりします。(「若い女性」も「老婆」もいますが、どちらか一つを見ようとするともう一つが見えなくなってしまいます) ものごとには必ず陰と陽、光と影があります。その両方をしっかりと見なければ、物事の真の姿は見えてきません。  一つだけの見方や考え方では騙されたり、違ったとらえ方が出来なくなってしまいます。 この偏った見方・思考こそ、悪い錯覚を自分に持ってしまったり、幸せな人生の妨げになったり、争いを巻き起こしてしまいます。 また、「脳」が一度『そ… 続きを見る

札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分