辛い症状の原因は自律神経の乱れ

自律神経の乱れ2


このような慢性的な悩みを抱えて

辛くなるとマッサージや整骨院、カイロプラクティック、整体に駆け込む。

マッサージ

その時は楽になり、少し症状が出そうになると、お風呂やカイロや湿布でまただましだまし生活。

で、また症状は再発…。

 

このようなことを何年も繰り返していませんか?

 

あなたはなぜそうなってしまうのか…知りたくありませんか?

質問

理由や原因を知ることが、長年悩んでいるあなたの辛い症状の改善につながります。

baby1

 

自律神経ヘッダ

 


自律神経

自律神経調整


機能してない

 

「カラダが何となく重だるく疲れが取れない…」
「仕事が全然うまく行かない…」
日曜の夜に「明日を思うととてつもなく暗い気分になる…」


これも明らかにカラダからの警告です。
自律神経が乱れてしまっています。

私たちは自分で気づかないくらい、はるかに弱いのです。

40代自律神経

 

では、その自律神経に関しての説明の前に少しだけ読んでみて下さい。

 

自然治癒力があなたのカラダを回復させるのに大きな役割を担っています。

こういうと、「また見えない力とか…そういう話し?」と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

 

私たちがケガをして傷を負った場合の回復プロセスを見てみましょう。

ケガ

傷口の出血はやがて止まり、傷口はふさがり、削られた肉は盛り上がってきてまたもとの皮膚に戻っていきます。

つまり、病気やケガから自動的にもとの状態に回復する力を持っているのです。

これを自然治癒力と言います。

 

また、本来あなたはβ(ベータ)エンドルフィンというホルモンを出す能力を持っています。

これはモルヒネよりも強い鎮痛、鎮静作用のあるホルモンでモルヒネのおよそ6倍の鎮痛効果のある物質とも言われています。

ところがこれが出ない状態だと…「痛い!」わけです。

 

ここまでは大丈夫ですか?

ちなみにもっと詳しく知りたい方はこちらがおススメです(しっかり治したい方は必見です)。

自然治癒力

 

では、いったいその自然治癒力の働きを弱めてしまっているのは…
もっというと、自然治癒力の働きを邪魔しているものは何だと思いますか?

 

それは疲労です。

 

疲労と言って思い浮かべるのは「カラダの疲労」ですよね。

疲労


◆悪い姿勢で何時間もデスクワーク
◆カラダの使い方、動かし方を間違ってしまっているクセ
◆ずっと前かがみの姿勢での仕事
◆運動不足

 

ところが近年脳科学の研究が進んできて、疲労の正体が判明したのです。

脳1
疲労とはなぜ起こるのか…。


①脳の自律神経が働くと大量の酸素を消費

②そのとき活性酸素が発生

③その活性酸素が神経にダメージを与え本来の働きが出来なくなる


これが疲労の正体
なのです。

実は、運動で疲れているのは「筋肉」ではなく「脳」だったということ。

 

運動している時でも「脳」はフル稼働しています。
心拍、呼吸、体温調整 などなど…脳は常に働いてあれこれ指示を出しているのです。

ランニング

 

同様に、

・人とのコミュニケーション
・長時間の同じ姿勢での仕事
・仕事での交感神経優位な状態の継続
・いびきなど質の悪い睡眠
・情報過多な生活…


など私たちの身の回りには「脳を疲労」させるもので溢れかえってしまっているのです。

いびきは自律神経を酷使してしまい、寝落ちするヒトは脳が気絶・失神している状態に近いのです。

驚き

◆栄養ドリンクは疲労回復効果がないだけでなく、もっとコワいことが…潜んでいたり、
栄養ドリンク
◆疲れを取ろうと…牛肉、ウナギ、ニンニクなどといった根拠のないものを食べたり、

牛肉
◆運動ができなくなったのは筋肉が衰えたせいだからもっと鍛えようと勘違いしたり・・・

筋トレ

脳はこうしてどんどん疲労を溜め込んで行くのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらがおススメです(しっかり治したい方は必見です)。

脳を休める

 

ここまで、大丈夫ですか?ついてこれてますか?
もう少しですからね。

 

で、脳が疲労してしまうと…
自律神経の乱れを招きます。

自律神経の乱れ

しかも年齢とともに自律神経の機能も衰えていくのです。

自律神経と年齢


ちょっとその前に
そもそも、自律神経とはいったい何なのでしょうか?


・自分の意志では動かせない心臓を動かしていたり
・汗をかいて体温を下げたり
・胃腸の動きを整えたり
・血液の流れを促進したり
・鳥肌をたてて寒さを防いだり

 

24時間休みなく血液や呼吸、代謝や体温調節などをコントロールしているのです。

 

そしてそれは「脳」の指示に基づいて働きます。

脳の機能

もうお分かりですね?

 

「脳の疲労」によって自律神経が正常に機能しなくなることで

肌荒れ・便秘・体重増加・免疫力低下

疲れやすい・常にダルい

覇気がない、情緒不安定

めまい、動悸、不安感 …などを招くことになります。

 

特に免疫力の低下は、今までは知らず知らずのうちに自己回復で来ていたものが出来なくなり、それがあたかも突然始まったかのように「痛み・しびれ・めまい」といった症状が現れます。

 

しかも、回復させる力が弱くなってしまっているので…

施術を受けた時は症状が楽になっても、それを維持できるだけの機能が戻らずに、またすぐに戻ってしまうのです。

 

そして、慢性的な症状はこの状態の繰り返しとなります。


また、「脳の疲労」は自分では気づけない点に大きな特徴があります。
そしてその疲労が継続してしまうと命に関わる問題にもなるので、カラダに異変を起こして知らせてくれるのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらがおススメです(しっかり治したい方は必見です)。

自律神経の整え方

 

ここまでご理解いただけましたか?

そしてこれらを総合すると…不調はカラダの疲労以外の「脳の疲労」の影響の方がとてつもなく大きいという事になります。

もっと詳しく知りたい方はこちらがおススメです(しっかり治したい方は必見です)。

樺沢先生


是非書店に出かけてみて下さい、「脳」に関して新たなことがどんどん解って来ています。

そして自分はカラダの疲労かな?と思われる方は、ゆっくりカラダを2~3日休めてあげてください。それだけで自然治癒力が働いてカラダは回復していきます。

 

当院では、あなたの痛み、しびれ、めまい…に限らず、様々な症状を改善していくために

tiryou

カラダに優しくアプローチする施術で、

常時「交感神経優位」になってしまっているあなたの疲れた脳に、「副交感神経優位」になる “切り替え” をうまく出来るように促し、脳の疲労を取り除き、

ストレッチ

自律神経が正しく機能できる環境を整えてあげることで、

自然治癒力による根本からの症状回復を目指しています。

 

ゆえに「強く押したり・揉んだり・バキボキしたり・長々とマッサージしたり」という必要はないのです。

 

いかがでしたか?
すこしはご理解いただけたでしょうか?

 

脳科学の進歩で、
今までの“常識”とされていたことが次々に覆されています。

脳科学


今までの常識とされる治療法で効果が出ず、
毎日辛い症状を抱えて、
耐えながら頑張っているあなたであるなら…

 

是非一度当院のドアを叩いてみて下さい。
きっと明るい未来が開けると思います。

明るい未来

患者さんの声2

肩こりボタン 腰痛ボタン

首背中ボタン 頭痛ボタン

ヘルニアボタン 自律神経ボタン


札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
日曜・祝祭日
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分