他とは違う7つの特徴

当院は「より短時間で、より少ない回数での完治」を目指しています。

その為、他の整体院・マッサージ・カイロプラクティックと「肩こり・腰痛回復センター」は以下の7つの点が大きく違います!!

特徴その1 完全無痛

テレビで観る整体のように、押したり、もんだり、たたいたり、バキボキすることは一切ありません。 今までの常識をくつがえす、「脳」の反応を利用した最先端の整体法です。 身体に無理のない自然な動きで施術をしていきますので、お子さんや高齢の方、妊婦の方までも安心して受けることが出来ます。 マッサージなどの強い刺激をお求めの方には残念ながら当院は合いませんのでご了承ください。

特徴その2 手技のみの施術

人の体は十人十色。それにきちんと対処する為には、微妙な身体の変化をつぶさに感じ取る必要があるため、最初から最後まで全て手技のみの施術です。

特徴その3 コースはありません

誰一人として同じ状況の方はいらっしゃいません。同じ人でさえ、日によって状態が違います。その時の状況に対して最善の治療を行いますので、決められたコースはありません。

特徴その4 長時間の治療はいたしません

もし、気持ちよさ(慰安)だけを目的とするならば、施術時間は長いほど満足されるかもしれません。しかし、当院の治療は慰安のみを目的とはしません。 慰安のみを目的とされる方は、当院での治療をご遠慮いただいたほうが宜しいかと思います。

身体にとって外部からの刺激は、たとえ気持ち良いと感じたものでも非常に大きな負担になります(扇風機の風やエアコンの風でも疲労を感じる時がありませんか?)。 長時間もんでもらうと、かえって疲労を感じるのはそのためです。出来るだけ短時間に効果的な治療を受けたほうが、「快い印象」のみが身体(脳)に残るため、結果的に治療効果は長持ちします。
何事も短時間で効果をあげるのが『技術の冴え』と自負しております。

特徴その5 「対処療法」ではない「根本(原因)療法」です

不調者さんの呼吸に合わせて身体を優しくゆらすことで、病気や痛みが出る前の健康な身体(初期状態)に戻していく「根本(原因)療法」です。 根本的に解消する事で、痛みや不調が出にくい体へと回復して頂きます。

特徴その6 服を着たままで、どの姿勢でもできる

身体の状態に合わせた数千種類の療法があるため、施術中の姿勢にはこだわりません(痛みが強く、うつ伏せ・あお向けになれない場合でも施術は可能です)。 なので、妊婦の方でも安心して施術を受ける事が出来ます。

特徴その7 再現性があります

人の身体の構造は、基本的にみな同じです。したがって「この人には効くけれど、あの人には効かない」ということは、理論的にあり得ません。 変化のスピードに違いはあるものの、施術することで同じように効果が上がるということです。 私たちはこれを≪再現性の法則≫と呼んでいます。

施術を受けて手に入れた ゆがみのない身体、正しい姿勢。 これをキープし、自然治癒力をしっかり働かせるためには、正しいクセづけが必要です。 それは、車の運転を覚える時にも似ています。

初めはぎこちなく、ひとつひとつの運転操作を考えながら行っています。それが慣れてくると、何にも考えないで運転できるようになりますよね。歌なんかも歌えちゃいます逆に、キチンと身につくまで練習しないと、いつまでたっても運転できるようにはなりません。 身体にも同じことが言えます。毎日の生活の中で身についてしまった(脳が記憶してしまった)悪いクセは、その期間が長いほど施術後でも元の状態に戻りやすいのです。悪い癖をリセットしたら、日々の正しいクセづけでしっかりと正しい姿勢、正しいからだの運転(使い方)を脳に記憶させましょう。
目標は…

無事故無違反
からだのゴールド免許=痛くならない身体の取得です!!

当院では、「より短期間でより少ない回数での完治」を目指しています。そのために、「簡単な自己整体・ストレッチ」(簡単自己回復法)をお伝えしています。(たくさんの方が、おうちで、ご家族みんなで、ゆらゆら~っとセルフコンディショニングしています

※個人の感想で成果を保証するものではありません。

ちょっと待って! 今までの痛みはなぜ治らないの!?

肩こり、腰痛、首や背中のこりはもんでも、叩いても、押してもいけません

一時的に気持ちが良い(イタ気持ちいい♪)と感じるかもしれません。 ところが、強い刺激は身体にとってかなりの負担となり筋肉を緊張させてしまうのです…!

ペンだこが出来たり、かかとの皮膚が硬くなるように・・・ 刺激を受け続けると、身体はその刺激から身を守ろうとして防衛反応を起こしその部分を硬くさせます。

強い刺激は、肩や首、背中や腰なども硬く変化してしまうのです!!

そして、どんどんエスカレートしていき…刺激が強くなればなるほど押してもらいたい欲求が強くなります。
押してもらいたいと思う間隔も最初は1ヶ月に1回程度ですが、やがて1週間に1回になり、気が付くと毎日押してもらいたくなってしまうのです。

このままだと、


「こりを強く押してもらって気持ちがよい」と言うのは、「カユイところを思いきりかいてもらって気持イイ」というのと同じです。

これでは、痛みやしびれを逆に悪化させることにもなりかねません。

一時的な気持ち良さを与えることが目的ではなく、根本的に痛み・こり・しびれなどをとり除くことを目的としています。


札幌の整体 肩こり・腰痛回復センター 札幌で人気No.1!

営業時間
10:00~21:00
定休日
不定休
ご予約・お問合せ
011-211-6443

〒060-0062 札幌市中央区南2条西1丁目1-2-21きのしたビル4階
アクセス:札幌市地下鉄「大通駅」34番・35番出口より徒歩2分/丸井今井札幌本店さんより徒歩2分