北海道で唯一!医師も推奨する!
「自律神経」の乱れを整え、不調・慢性症状を改善

どこに行っても治らない方の為の「最後の砦」

自律神経失調症の回復期間はどれくらい?回復までの期間や改善したきっかけ・体験談を紹介!

自律神経は、私たちの意識とは無関係に体の機能を調節する神経系で、心拍数、消化、呼吸など生命維持に必要な活動をコントロールしています。

自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで様々な身体的、精神的な症状が現れる状態を指します。

自律神経失調症の回復期間はどれくらい?

自律神経失調症の回復期間は、個人差が大きく、症状の程度や原因、生活習慣の変更、治療方法などによって異なります。

一般的には、自律神経失調症の回復期間は、数ヶ月から1年程度で症状の改善が見られることが多いですが、個人によっては回復期間はもっと長い時間が必要な場合もあります。

自律神経失調症の治療と回復は、個々のペースに合わせて進めることが大切です。

自律神経失調症の具体的な改善方法については、「自律神経失調症の改善方法」の記事にまとめましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

自律神経失調症が改善するまでの回復期間

〇症状の重さと持続期間: 自律神経失調症の症状が軽度であれば回復期間は比較的短期間(数週間から数ヶ月)で改善が見られることもありますが、自律神経失調症の症状が重い、または長期間にわたって持続している場合は、回復期間はより長い時間が必要になることがあります。

〇治療と生活習慣の変更の効果: 薬物療法やカウンセリング、生活習慣の改善(睡眠、運動、ストレス管理)などの治療方法が適切に実施され、自律神経失調症の改善の効果が現れ始めるまでに時間がかかることがあり、回復期間も長くなります。

〇個人の体質と状況: 体質や日常のストレスレベル、サポートシステム(家族や友人の支え)など、個人の状況も自律神経失調症の回復期間に影響します。

〇継続的なケアの必要性: 自律神経失調症の改善は、しばしば継続的な努力と自己ケアを要します。症状が改善しても、リバウンドを防ぐために健康的な生活習慣を続けることが重要です。

人によって自律神経失調症の回復期間が違うのはなぜ?

人によって自律神経失調症の回復期間が異なる理由はいくつかあります。

自律神経失調症の状態は、多くの要因によって影響されるため、個人の特性や環境が大きく関係しています。

個人の体質と健康状態と自律神経失調症

人それぞれの身体の反応性や回復能力には違いがあります。また、既存の健康問題や慢性疾患の有無も回復期間に影響します。

影響: 健康状態や体質によって、症状の回復期間が異なります。

ストレスや生活環境と自律神経失調症

ストレスレベル、仕事の環境、家庭環境などが自律神経のバランスに大きく影響し、回復期間にも影響します。

影響: ストレスが多い環境や不規則な生活を送っている人は回復期間が長引くことがあります。

自律神経失調症の症状の重さと持続期間

症状が重い、または長期間にわたっている場合、回復期間はより時間が必要になることがあります。

影響: 長期間にわたる症状は体に深く影響を及ぼすため、回復期間が長引くことがあります。

自律神経失調症の治療へのアクセスと利用

適切な治療やサポートへのアクセスが限られている場合、回復は遅れがちです。

影響: 定期的な医療の提供やサポートの不足は、回復期間が長引くことがあります。

自律神経失調症改善のための生活習慣の変更と継続性

食生活、睡眠、運動などの日常生活の習慣は自律神経に影響を与えます。

影響: 健康的な生活習慣を維持することは自律神経失調症からの回復を促進しますが、これらの習慣の変更と継続は個人によって異なります。

自律神経失調症の改善を先延ばしにするとどうなる?

自律神経失調症の症状が見られる場合は、早めに適切な治療を受けることが重要です。

また、ライフスタイルの改善、ストレス管理、定期的な医療の受診などが効果的です。

自身が自律神経失調症かどうか分からない場合は、「自律神経の乱れをセルフチェック」の記事をご参考にして下さい。

症状の悪化

自律神経失調症の症状は、適切なケアや治療を受けない場合、悪化する可能性があります。

結果: 睡眠障害、消化器系の問題、心臓の動悸、めまい、極度の疲労感などが増加または悪化する可能性があります。

自律神経失調症の心身の健康への影響

自律神経の不調は全身に影響を及ぼし、心身の健康に広範な影響を与えます。

結果: 免疫力の低下、慢性的な疲労、不安やうつ病などの精神的な問題が引き起こされる可能性があります。

自律神経失調症による生活の質の低下

自律神経失調症から継続する不調は日常生活に影響を及ぼし、生活の質を低下させることがあります。

結果: 仕事や学業のパフォーマンスの低下、社会活動や趣味への参加が困難になるなど、生活全般にわたる影響が考えられます。

自律神経失調症から他の健康問題のリスク増加

自律神経失調症による自律神経の乱れは、心血管疾患、消化器疾患、代謝疾患など他の健康問題のリスクを増加させることがあります。

結果: 長期的な健康問題や合併症のリスクが高まります。

自律神経失調症からの依存症のリスク

症状を和らげるために自己判断で自律神経失調症に対する薬物(睡眠薬や鎮痛剤など)を使用すると、依存症のリスクが増えることがあります。

結果: 自律神経失調症以外に、薬物依存やその他の依存症が発生するリスクが高まる可能性があります。

札幌で自律神経失調症を改善したい時は「肩こり腰痛回復センター」

札幌の整体院、肩こり腰痛回復センターではこれまで数多くの自律神経失調症の方が来院されてきています。

コロナ以降その数も急増し、孤立、孤独、不安といったことがますます自律神経失調症に大きく影響しているようです。

肩こり腰痛回復センターでは整体療法において特に自律神経の乱れ整えることに重点を置いています。

というのも整体療法を施してもすぐに症状が戻ってしまうのは、自律神経が乱れてしまっていて良い状態を維持できなくなってしまっているからです。

ただ、自律神経失調症とご自身で気づいていない方がほとんどなので、肩こり・めまい・背中の張り…などその根本原因が自律神経失調症から来ていることもまったく気づいていません。

なので単純に症状がすぐに戻るというのは、すでに自律神経失調症という状態にあることに気づいてほしいと思います。

人それぞれ自律神経失調症になる原因は異なり、様々な要因があるので、回復期間は明確にここでお話しすることはできませんが、目安として言うなら自律神経失調症の症状が軽い人では1ヶ月に4~5回程度で安定してきます。

うつなどの重い症状になると1か月~3か月かかる場合も珍しくはありません。

また、1度改善してもその方の性格や思考・感情習慣によっても自律神経は大きな影響を受けてしまうので、自律神経失調症は定期的な来院をおすすめしています。

自律神経失調症が改善したきっかけは?

自律神経失調症が改善するきっかけは人それぞれ異なりますが、一般的に多い改善のきっかけとして以下のような要因が挙げられます。

自律神経失調症が改善するための生活習慣の改善

規則正しい睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動など、健康的な生活習慣の確立が自律神経のバランスを整えるのに効果的です。

具体例: 定時に寝る、フルーツや野菜を多く含む食事、日常的なウォーキングやジムでのトレーニングなど。

自律神経失調症が改善するためのストレス管理

説明: ストレスは自律神経の乱れを引き起こす主要な原因の一つです。ストレス管理技法を学び、実践することで改善が見られることが多いです。

具体例: ヨガ、瞑想、深呼吸、リラクゼーションテクニック、趣味への没頭など。

自律神経失調症が改善するための医療的介入

適切な医療的介入、特に薬物療法やカウンセリングを受けることで、多くの人が改善を経験します。

具体例: 抗不安薬や抗うつ薬の使用、心理療法や行動療法の受講など。

自律神経失調症が改善するための社会的サポート

説明: 家族や友人、同僚などのサポートは、ストレス軽減と精神的安定に大きく貢献します。

具体例: 家族や友人との良好な関係、サポートグループへの参加など。

自律神経失調症が改善するための自己意識の向上

自分の状態を理解し、自己管理のスキルを向上させることが、改善につながります。

具体例: 症状の日記をつける、自己啓発書の読書、セルフケアへの意識向上など。

自律神経失調症を改善した体験談

札幌市・M.Tさん・30代女性

私は頭痛、不眠、同期などの症状でこちらの整体院に来ました。こちらに来るまでにいくつかの病院やカイロ、カウンセリング、鍼灸などにも行っていましたが、なかなか症状は改善されず、約2年間、不眠のための睡眠薬や精神安定のための薬を服用していました。

そんな中、荒井先生のプロフィールをサイトで拝見して、私の症状もこちらなら改善するのでは、と思い、サイトを見てすぐに予約しました。

初回は緊張しましたが、私の様子を診ていただいた後、間隔をあけずに集中して調整を重ねることで1ヶ月から1ヶ月半程度で良くなるのでは、という話でした。初めのうちはその意味がわかりませんでしたが、調整を重ねていくうちに日に日に体が変わっていくのを感じることが出来ました。

また、体と共に心も変わっていくのを感じることができました。言われたスケジュールで6回の施術をうけて、本当に1ヶ月ほどで、毎日、欠かさずに服用していた薬が必要なくなり、また仕事も休まず働けるようになりました。元気になって本当に感謝しております。ありがとうございました。

自律神経失調症でお悩みなら札幌で人気No.1!「肩こり・腰痛回復センター」感想
※個人の感想で成果を保証するものではありません。

札幌市 T.Sさん 40代女性

氏名:T.S
年代:40代女性
職業:会社員
主な症状:めまい、ふらつき、自律神経失調症

Q1:来院される前、どのような期待や不安がありましたか?

たくさんの整体や針に行ってもその場限りで次の日になったら元の体調に戻っていたので、とにかく良くなりたくて絶対に良くなると信じて来院しました。

Q2:実際に来院されてどうでしたか?

体をゆらゆらされてるだけで具合悪さや痛みが取れていくのが不思議でした。

Q3:整体前と整体後を比べてどうですか?

最初のころはすぐに元の状態に戻ることがありましたが、回数を重ねるにつれて体調が良くなっていくのが実感できました。

Q4:他の整体や医療機関と比べてどうですか?

すぐ元の状態に戻ることが多くて「なぜ良くならないのかわからない」と言われて不安になって、また他の病院や整体をはしごしていました。ここは不安になるようなことは言わないので安心して来ることができました。

Q5:私の説明はわかりやすかったですか?

(先生も)私と同じような症状に悩まれていたとのことで、説明にも説得力がありました。先が見えない時期にもはげましてくれたりして、心強かったです。アドバイスもたくさんいただけました。

Q6:その他、何かひとことお願いします。

時間はかかるかもしれないけど、良くなっていくのが実感できてとてもうれしいです。これからもよろしくお願いします。

自律神経失調症でお悩みなら札幌で口コミ・人気No.1!「肩こり腰痛回復センター」感想
※個人の感想で成果を保証するものではありません。

札幌市 60代男性

<症状>

7/23 動悸(地下鉄)
7/24 精神科受診:抗不安剤処方(頓服)
8/8 不安定:抗不安剤服用
8/9 動悸(地下鉄):抗不安剤服用
8/10 疲労感:抗不安剤服用
8/11 背中の張り:抗不安剤服用
8/12 動悸(地下鉄):抗不安剤服用
8/13 背中の張り:抗不安剤服用、不安定:抗不安剤服用
8/14 不安定:抗不安剤服用
8/15 背中の張り:抗不安剤服用
8/16 ほてり:抗不安剤服用、頭痛:抗不安剤服用
8/16 精神科受診:抗不安剤処方(朝夕1錠28日分)
8/18 ほてり

<参考>

2010/4~2016/12 精神科通院 抗うつ剤・抗不安剤

7月下旬、地下内で動悸が始まり、JR車内でも動悸が治まらなかったので、発車前に下車しました。自律神経失調症は以前にもなったことがあったので、翌日精神科を受診し、抗不安剤を処方されました。

それから半月ほどは、症状は出なかったので、一時的なものかと思っていました。8月上旬から毎日1~2回、自律神経失調症の様々な症状が出るようになり(動悸、疲労感、ほてり、背中の張り、頭痛)、その度に抗不安剤を服用していました。

以前、自律神経失調症になったときは、抗うつ剤で症状が治ったので、精神科の医師に相談したところ、以前に服用していた抗うつ剤は減量するときに離脱症状が出るため、服用期間が長くなってしまうことから、抗不安剤を1月分処方されました。

薬物以外に治療する方法を探したところ、肩こり・腰痛回復センターのホームページに、自律神経失調症を治療していたので、治療を受けることにしました。

肩こり・腰痛回復センターに電話し、その日の午後から治療を受けることになりました。その後週2回の治療を受けたのですが、症状は毎日1回~2回出ていました。

治療9回目後に、症状のない日が出るようになりました。治療17回目の翌日、地下鉄ホームで動悸が始まったので、抗不安剤を服用しようとしたところ、飲まなくても良いのではないかという気持ちになって、そのまま乗車するとそのうち動悸が治ってきました。

結果として、それ以降、症状が出なくなりました。治療も、週2回から週1回になり、3週間に1回になりました。治療間隔が空くにつれて、治療後の怠さも少なくなり、体も動くようになりました。

自律神経失調症でお悩みなら札幌で口コミ・人気No.1!「肩こり腰痛回復センター」感想
※個人の感想で成果を保証するものではありません。

札幌市・M.Tさん・30代女性